Humming♪

ストレスを発散させるメリットとは?解消方法と合わせてご紹介!

 

仕事や家事、子育て、人間関係など、私たちが生活するうえではさまざまなストレスの原因が存在します。

 

心身の健康を保つためにも、ストレスを感じたら溜め込まずに発散させることが大切ですが、いくつかの方法を試してみたものの効果が実感できず悩んでいる方も少なくありません。

 

そこで今回は、ストレス解消の正しい方法やポイントを中心に詳しく解説します。

 

人間がストレスを感じる仕組み

 

多くの人は、仕事やプライベートにおいてストレスを感じることがありますが、そもそもどういったメカニズムでストレスは生じるのでしょうか。

 

一言で表すと、何らかの事象・出来事が原因となりメンタルを圧迫し、心身に悪影響を及ぼすことでストレスを感じるようになります。

 

ちなみに、ストレスの原因となる事象や出来事、あるいはモノや人のことをストレッサーとよびます。

 

私たちが社会生活を送るうえでは、ある程度のストレスはつきものといえますが、あまりにも強いストレスが加わるとその負荷に耐えられなくなり、心身ともに限界を迎えることもあります。

 

▶︎イライラして眠れないのはなぜ??原因や対処方法についてご紹介

 

ストレスを感じやすい要因とは

 

ストレスの原因となるストレッサーにはさまざまなものがあります。また、ストレスを感じる程度も人によって異なるほか、性別によってもストレッサーの傾向が異なることがあります。

 

具体的にどのようなことがストレッサーとなり得るのか、具体例を紹介しましょう。

仕事におけるストレッサー

仕事においてストレスの原因になりやすいものとしては、以下が代表的です。

 

  • 長時間労働
  • 高すぎる目標・ノルマ
  • やりがいの少ない仕事
  • 適性に合わない仕事
  • 納期・締め切り・スケジュール
  • 通勤・満員電車
  • オフィスの環境(騒音・室温・湿度など)
  • ハラスメント行為
  • 部下の育成・指導
  • 人事異動・転勤・昇進

 

上記は性別を問わず多くの人にとってのストレッサーになり得る内容です。一昔前までは、上司や先輩からの厳しい指導などが原因でストレスを感じる若手社員も多かったですが、近年ではハラスメント対策に力を入れる企業も増えたことから、厳しい指導ができず部下の育成や指導に頭を悩ませる管理職も少なくありません。

プライベートにおけるストレッサー

仕事以外に目を向けると、以下のようなストレッサーが代表的です。

 

  • 家族や親類の不仲
  • 子育て・介護
  • 経済的困窮
  • 金銭トラブル
  • 近所付き合い
  • 友人関係
  • 病気・怪我
  • 不規則な生活
  • 室内環境(騒音・室温・湿度など)

 

特に多いのが家族や親類、友人、近隣住民との人間関係で、些細なことが原因で不仲やトラブルに発展しストレスの根源となることもあります。

 

また、長引く不況によって経済的な困窮や金銭トラブルにつながることも多く、ときには自分一人では解決が難しくなるケースもあるでしょう。

 

▶︎仕事でストレスを感じたらやばい?原因や解消方法をご紹介!

 

性別によっても異なるストレスの感じ方

男性と女性で分けて考えたとき、ストレスの感じ方やストレスとの付き合い方にも差が生じる傾向があります。

 

男性のストレスの感じ方

男性の場合は弱音を吐いたり他人に頼ったりすることで、ネガティブに捉えられるのではないかと感じ、本音を出しづらくなります。ストレスをなかなか打ち明けられず内に溜め込んでしまうケースも多いことから、心身ともに限界に近づいた頃にやっと病院を受診する方が少なくありません。

 

女性のストレスの感じ方

女性の場合、対人関係を敏感に捉える方が多く、特に職場においては人間関係がストレッサーとなり退職につながるケースも少なくありません。また、ストレスがホルモンバランスに影響を与えやすく、自律神経の不調や睡眠不足などの症状に直結しやすいことも大きな特徴として挙げられます。

 

▶︎人肌が恋しいってどういうとき?意味や心理、対処方法をご紹介!

 

ストレスを発散させるメリット

ストレスを感じると心身にさまざまな影響を及ぼすことから、その前に発散することが大切です。ストレス発散にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

健康を維持できる

ストレス発散の最大のメリットは、心身の健康を維持できることです。

 

過剰なストレスがかかると、ホルモンバランスが乱れ自律神経に影響を及ぼし、睡眠不足や頭痛、便秘、下痢などの症状に悩まされることがあります。さらに悪化すると、脱毛や神経性胃炎など重篤な症状につながっていきます。

 

これらを防ぐ意味でも、定期的にストレスを発散することは大切です。

 

人間関係の改善

ストレスによってイライラや不安が増大すると、良好な人間関係を維持できなくなることもあります。

 

たとえば、家族や友人、知人などにイライラをぶつけてしまうことで、自然と自分の周りから人が離れていってしまいます。しかし、適度にストレスを発散できていれば、円滑なコミュニケーションがとれるようになり人間関係に悩むこともなくなるでしょう。

 

ストレスを溜め込むデメリット

 

ストレスを発散するためにはさまざまな方法がありますが、誤った方法をとってしまうと逆効果になる場合もあります。

 

たとえば、飲酒や喫煙などは一時的に気持ちを和らげ、リラックスできたと感じることもありますが、過度に依存しすぎると体調を崩したり、さまざまな病気の発症リスクも高めることになります。

 

ストレス発散の正しい方法を身につけることが何よりも大切です。

 

▶︎情緒不安定な女性に多い症状とは|対処法についても紹介

 

ストレスを解消する方法とは

 

正しいストレスの解消法にはどのようなものがあるのでしょうか。日常生活のなかで手軽に実践でき、無理なく継続できる方法をいくつかご紹介しましょう。

屋外に出る

天気の良い日にはできるだけ外に出て、日光を浴びることを心がけましょう。日光を浴びることでセロトニンとよばれるホルモンの一種が分泌され、幸福で前向きな気持ちになります。

ストレッチ・運動

デスクワークが多く屋内で過ごす時間が多い場合には、長時間座ったままの姿勢を維持していると血行が悪くなりがちです。

 

そこで、こまめに立ったり散歩をしたりすることで運動不足を解消でき、さらにはセロトニンも分泌されやすくなります。

睡眠

睡眠不足はホルモンバランスの乱れにも直結し、ストレスをさらに悪化させる要因になります。そのため、十分な睡眠時間を確保し、睡眠の質を向上させることも大切です。

 

就寝前にはスマートフォンやPC、テレビなどを観ないようにしたり、体型に合った寝具選びも重要です。

趣味

趣味の時間をつくることもストレス解消につながります。仕事やプライベートで悩みを抱えていても、趣味に没頭することで気分転換にもなり、ストレスを軽減できるでしょう。

 

ただし、ギャンブルやお酒などは逆効果であり、健康上の問題や経済的な困窮といった新たなストレスを生み出すリスクもあるため注意が必要です。

 

▶︎人肌が恋しいってどういうとき?意味や心理、対処方法をご紹介!

 

泣くことやハグはストレス解消になる?

 

意外と知られていないストレス解消法として、泣くことやハグなどもあります。

泣くことがストレス解消につながる理由

感動的な映画やドラマを観たり、美しい音楽を聴いたりしたとき、感情が揺さぶられ涙を流すことがあります。

 

このような場合、私たちの体内では副交感神経が活性化し、身体はリラックスした状態になります。

 

辛い出来事があったときでも、泣くことで気持ちがスッキリとした経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

そのため、ストレスを強く感じ辛い気持ちのときは、感動的な映画やドラマ、音楽などに触れて徹底的に泣くことも効果的です。

ハグがストレス解消につながる理由

さまざまな不安によってストレスを感じている場合にはハグも効果的です。

 

恋人や家族、親友など、心を許せる人にハグをしてもらうと、安心感に包まれ癒されたり、不安が軽減したという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

これは、好きな人や信頼できる人に包まれることで、私たちの体内ではドーパミンやオキシトシンとよばれるホルモン物質が分泌されているためです。

 

そのため、ストレスによって押しつぶされそうになったとき、信頼できる人にハグをしてもらうようお願いすることもおすすめです。

 

▶︎スキンシップにはどんな効果がある?良好な関係性を維持するためのポイントとは

 

まとめ

私たちが生きていくうえでストレスは避けて通れないものであり、一切のストレスを感じたことがない人は存在しません。

 

適度なストレスは仕事のパフォーマンスを向上させるなどの効果もありますが、過度なストレスがかかってしまうと心身の健康に悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

ストレスを解消する方法が見つからない、さまざまな方法を試してみたもののストレスが軽減できないという方は、今回紹介した方法を参考にしてみてください。

仕事でストレスを感じたらやばい?原因や解消方法をご紹介!

 

世の中にはさまざまな仕事がありますが、どんな仕事であっても少なからずストレスは感じるものです。ストレスの度合いが大きいと、体調不良などさまざまな症状として現れることもあるため、原因を理解し適切に対処することが大切です。

 

本記事では、仕事でストレスが溜まった際にどのような影響が現れるのか、ストレスの解消方法などもあわせてご紹介します。

 

仕事でストレスを感じる原因

 

仕事のなかでストレスを感じるのはどのような瞬間なのでしょうか。代表的な6つの原因をご紹介しましょう。

人間関係

特に多い原因として挙げられるのが職場における人間関係の悩みです。

 

たとえば、上司や先輩社員からハラスメント行為を受けている、同僚から仲間外れにされる、後輩から信頼されていないなど、人間関係の悩みにはさまざまなものがあります。

労働時間

長時間労働によってプライベートの時間が確保できないこともストレスの大きな要因になります。

 

最近では働き方改革によって残業時間が厳しく規制されるようになりましたが、職種や役職によっては依然として長時間労働を強いられているケースも少なくありません。

給与

仕事に見合った給与が貰えていないと、経済的に困窮し生活が立ち行かなくなります。その結果、「今の仕事を続けていても報われるのか」と感じるようになり、将来に対する不安が増大しストレスが募っていきます。

仕事内容

人は誰でも向き・不向きがあり、仕事の適性にも直結することがあります。自分自身の適性に合っていない仕事を続けていても、思うような成果が得られずストレスを感じることも少なくありません。

将来への不安

仕事を続けていくモチベーションは人によってもさまざまですが、将来のキャリアプランもそのひとつに挙げられます。しかし、いくら頑張っても正当な評価を得られないと、昇進や昇給が見込めず将来への不安が増大していきます。

目標やミッション

多くの企業・組織では、持続的な成長を実現するために目標やミッションが設定されます。しかし、あまりにもそのハードルが高く非現実的な内容であると、「どうせ無理だろう」と諦めの気持ちが強くなり、仕事そのものがストレスに感じられるようになります。

 

▶︎イライラして眠れないのはなぜ??原因や対処方法についてご紹介

 

仕事でストレスを感じやすい人の特徴

 

仕事においてストレスを感じる背景には、上記で挙げた仕事内容や周囲の環境、待遇などが原因となっていることが多いですが、それらに加えて個人の性格や価値観、考え方などが影響している場合もあります。

 

どのような人が特にストレスを感じやすいのでしょうか。

責任感が強い人

仕事において責任感をもつことは大切なことですが、あまりにも責任感が強すぎると自分一人が全てを抱え込んでしまうケースもあります。

 

たとえば、自分が所属する課やチームのなかで大きなミスがあったとき、自分に大きな責任があると思いこんでしまいストレスを抱える人もいるでしょう。

 

また、責任感が強い人ほど上司や先輩、同僚などの周囲の人に相談できず、さらにストレスを増大させることもあります。

心配性な人

仕事において些細な失敗やミスも許されず、完璧に遂行しなければならないと考える人もいます。もちろん、そのような心構えは大切なことですが、ミスを恐れるあまり同僚や部下に仕事を任せられず、自分ひとりで抱え込んでしまうケースも少なくありません。

 

特に心配性な人ほどこのような傾向が強く、知らず知らずのうちにストレスが増大していることも多いのです。

感情をうまく表現できない人

人は生まれ育った環境や周囲の人の考え方や価値観、コミュニケーションの仕方など、さまざまなことが影響して人格や性格が形成されていきます。

 

なかには、明るい性格の人もいれば、寡黙で感情の起伏も少ない人もいるでしょう。しかし、感情表現が苦手な人の場合、自分を押し殺してまで周囲の人に無理に合わせようとしてストレスを溜め込むこともあります。

 

▶︎社内で円滑なコミュニケーションを取るコツや活性化の成功事例を紹介

 

仕事でストレスを感じるとどんな影響が出るのか

仕事においてストレスはつきものであり、多くの人はストレスとうまく付き合いながら日常生活を送っています。しかし、あまりにもストレスの度合いが大きいと、精神や身体にさまざまな影響が現れることがあります。

精神への影響

ストレスによって現れやすいのが精神への影響です。

 

特に仕事が原因でストレスを感じていると、無意識のうちに「職場に行きたくない」、「辞めたい」といった言葉を発するようになります。

 

また、このほかにも、些細なことでイライラする、他人から掛けられた何気ない一言が原因で気分が落ち込む、ちょっとした物音や光などの刺激が加わることで必要以上に驚いたり、緊張を覚えたりすることもあるようです。

 

このように、感情や感性が敏感になったと感じたときには、ストレスによる影響を疑ったほうが良いかもしれません。

身体への影響

ストレスが増大していくと、精神からやがて身体へと影響が拡大していくことがあります。

 

具体的な症状としては、頭痛や吐き気、眠れない(不眠)、その他原因不明の体調不良などが挙げられ、場合によっては鬱(うつ)と診断されることもあるでしょう。

 

体調不良や何らかの異常が現れたとき、ストレスが原因であると自覚できない人も少なくありません。そのような場合、注射や点滴、服薬などで治療を行ったとしても改善されず悩み続ける人も多いのです。

 

仕事のストレスがやばいと感じたときは

 

仕事のストレスが増大し、上記で挙げたような精神面・身体面への影響が出始めた時点で「やばい」と感じた際には、できるだけ早めに病院を受診したり、産業医からのカウンセリングを受けたりすることが大切です。

 

このように自分自身で異常に気づき、必要な対処ができれば健全な状態を取り戻せる可能性は高いでしょう。

 

しかし、なかには、仕事においてストレスを感じることは当たり前であり、休養をとったり病院を受診したりするのは「甘え」であると考える方もいます。また、ストレスそのものを自覚できず、そのまま放置してしまうケースも考えられるでしょう。

 

これは大変危険であり、場合によっては重度のうつ病を発症したり、睡眠障害や胃潰瘍といった病気を発症するリスクもあります。

 

仕事において適度なストレスやプレッシャーがあることでパフォーマンスが向上することは事実ですが、過度のストレスによって何らかの症状や悪影響が現れた際にはしっかりと治療やカウンセリングを受けることが欠かせないのです。

 

▶︎ストレスを発散させるメリットとは?解消方法と合わせてご紹介!

 

仕事のストレスを解消する方法について

 

仕事のパフォーマンスを向上させるためには、ストレスとどのように付き合い、解消していけば良いのでしょうか。おすすめのストレス解消法や軽減の方法を紹介します。

些細なことでも相談する

仕事のストレスは小さなことが積み重なって増大していき、やがて自分では抱え込めない状態に達することもあります。

 

このような事態にならないためにも、同僚や上司、部下などに気軽に相談できる関係性を構築しておくことが大切です。

仕事を分担・協力してもらう

仕事量があまりにも多くストレスを感じている場合には、同じ課やチームのなかで仕事を分担し協力してもらうことも大切です。

 

特に、課内やチーム内のメンバーで業務量に偏りが生じている場合には、上司へ相談のうえ仕事を割り振ってもらうことで負担が軽減されるでしょう。

 

このとき重要なのは、単に仕事を押し付けるのではなく、相手のことを信頼しているからこそ大切な役割を任せたいと伝えることです。これによって仕事に対するやりがいを感じられるようになり、良好な関係が構築されます。

適度な運動を心がける

デスクワークで長時間座ったまま仕事をしていると、気持ちが停滞しストレスが蓄積されていきます。そこで、適度な休憩を挟みつつストレッチや散歩など運動を心がけることでストレスが低減されます。

食事を楽しむ

仕事仲間と食事を楽しむのもストレス解消において有効な方法のひとつです。

 

仕事の場面では厳しい顔を見せる人も、プライベートな場面では穏やかで優しい一面が垣間見れることもあるでしょう。人間性を理解するうえでも、食事をともにする時間は大切にしたいものです。

 

食事と一緒にお酒を楽しむ場面も多いと思いますが、過度にアルコールを摂取してしまうと健康上のリスクを増大させ、新たなストレスや不安の原因になる可能性もあります。また、お酒の席での失敗が人間関係を悪化させる要因になる可能性もあることから、あくまでもお酒は適量を心がけましょう。

 

▶︎ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの重要性とは?一例も紹介

 

まとめ

仕事内容や職場の人間関係、職場の環境など、仕事におけるストレスの原因となるものはさまざまです。ストレスが一切存在しない仕事や職場は極めて稀であり、多くの人はストレスとうまく付き合いながら仕事に励んでいます。

 

しかし、ストレスの度合いが強すぎると仕事に悪影響を及ぼすことも事実であり、ときには体調不良など身体的な症状となって現れることもあります。

 

このような事態を防ぐためにも、ストレスによって何らかの異常が現れたときには、早めに病院を受診することが大切です。

イライラして眠れないのはなぜ??原因や対処方法についてご紹介

 

ストレスが溜まりイライラしていたり、不安や悩みを抱えていたりすると、ベッドや布団に入っても眠れないことがあります。このような不眠や睡眠不足に悩む人は多く、なかには睡眠導入剤などが手放せないほど重症化するケースもあります。

 

本記事では、イライラして眠れないのはなぜか、根本原因として考えられることや、安眠を手に入れるための対処法も含めてご紹介します。

 

イライラして眠れない原因

 

ベッドや布団に入ってもイライラが続き、なかなか眠りにつけない、あるいは眠りが浅く慢性的な睡眠不足に陥るのはなぜなのでしょうか。考えられる4つの原因をご紹介します。

周囲の環境

寝つきが悪い、睡眠が浅くぐっすり眠ることができない理由として、周囲の環境が起因しているケースがあります。たとえば、家の外を走る車やバイク、電車などの騒音が大きい部屋や、街灯や看板の光が差し込む明るい環境の部屋ではイライラの原因となり、睡眠を妨げてしまいます。

ストレス

イライラの原因として特に大きいのがストレスです。たとえば、職場の人間関係や仕事への重圧、経済的な問題、将来への不安など、ストレスの根本原因にはさまざまなものがあります。

 

また、仕事をしていない専業主婦や定年退職を迎えた方であっても、旦那や妻、親、子どもをはじめとした家族との関係によってはストレスを抱え、ぐっすりと眠れないこともあります。

ホルモンバランスの乱れ

特に女性に多い悩みとして挙げられるのがホルモンバランスの乱れによって生じる不眠です。ホルモンバランスはストレスによって乱れることもありますが、生理やその日の天候、生活習慣などが原因となることもあります。

 

ホルモンバランスが崩れると些細なことでイライラするようになり、さらに不眠の症状を悪化させることもあるのです。

精神疾患

うつ病や適応障害、パニック障害といった精神疾患も不眠の症状を引き起こすことがあります。ストレスやホルモンバランスの乱れが悪化することで精神疾患に至るケースがあり、代表的な症状として不眠が現れます。

 

精神疾患は決して特別なものではなく、生活環境やその人の性格・考え方などによって誰にとっても発症リスクがあります。

 

イライラして眠れない日が長期間にわたって続いている場合には、精神疾患の可能性も考えたほうが良いかもしれません。

 

▶︎ストレスを発散させるメリットとは?解消方法と合わせてご紹介!

 

イライラして眠れないとどんな悪影響が出るのか

 

睡眠不足に悩む現代人は多く、自分だけではないはずと安心している方も多いのではないでしょうか。しかし、イライラによって眠れない日が続くと、さまざまな悪影響が出てくることがあります。

慢性的な疲労

本来、睡眠は日中の活動によって蓄積した疲労を回復する役割があります。しかし、睡眠不足や浅い眠りが続いてしまうと横になっていたとしても疲れが取れず、慢性的な疲労を感じるようになります。

 

具体的には、朝起きたときに全身に倦怠感が残っていたり、身体のさまざまな部位に痛みや違和感が持続的に残ったりすることもあります。

集中力・注意力の低下

睡眠は肉体的な疲労だけでなく、脳の疲労も回復するという重要な役割があります。

 

私たち人間は日中の時間帯にさまざまな活動を行い、視覚や聴覚などから膨大な情報を得ています。これらの記憶を整理するためにも睡眠は不可欠な行為といえるのです。

 

しかし、十分な睡眠がとれないと脳は十分な休息をとることができず、日中の時間帯に集中力や注意力の低下を招くこともあります。

免疫力の低下

睡眠の最中には成長ホルモンが分泌されており、私たちの身体をつくったり、自己修復を促したりする役割を果たします。

 

しかし、十分な睡眠がとれていないと成長ホルモンの分泌が阻害され、免疫力が低下していきます。その結果、身体の成長スピードが遅くなったり、病気にかかりやすくなったりする可能性もあるのです。

精神疾患の悪化

睡眠不足はうつ病や自律神経失調症、適応障害といった精神疾患の代表的な症状であり、多くの人が悩まされています。

 

しかし、不眠をそのままの状態で放置しておくと疲労が蓄積するなどしてメンタルの調子も崩しやすくなり、さらなる精神疾患の悪化を招くこともあるのです。

 

「うつ病などの病気が治れば睡眠不足も自然と治るだろう」と考えるのではなく、まずは不眠の状態を改善することが大切です。

 

▶︎仕事でストレスを感じたらやばい?原因や解消方法をご紹介!

 

イライラして眠れないときのNG行為は?

 

イライラとした気持ちが先立ってしまい寝つきが悪いとき、ついやってしまいがちな行動が眠りを妨げている可能性もあります。具体的にどういった行動が逆効果なのか、NG行為の一例をご紹介しましょう。

スマホの画面を見る

眠れないときに、ついやってしまいがちなのがスマホやタブレット端末などを操作する行為です。たとえば、SNSや動画サイト、電子書籍などを見ているうちに眠くなることもありますが、多くの場合は明るい画面を見ることで交感神経が刺激され、興奮・緊張状態を招きます。

 

そのため、就寝直前にはできるだけ部屋を暗くし、スマホやタブレットには一切触れないことが大切です。

「早く寝なければ」と焦る

翌朝早く起床しなければならないのに深夜までなかなか寝つけず、気持ちが焦ってしまい翌朝まで寝られなかったという経験はないでしょうか。

 

質の良い睡眠は身体がリラックスしている状態が不可欠であり、「早く寝なければ」という焦りの気持ちが出てしまうと身体も緊張し、さらに寝つけないという悪循環に陥ってしまいます。

 

特に時計を頻繁に見ると焦りの気持ちが増幅することから、身体をリラックスさせ時計には意識を向けないことが大切です。

飲酒

どうしても寝つけないとき、つい頼ってしまいがちなのがお酒です。

 

少量のアルコールを摂取すると、一時的には身体がリラックスして眠くなることは事実です。しかし、アルコールには利尿作用があるほか、アルコールを体内で分解する過程で交感神経が刺激され、途中で覚醒することがあるのです。

 

また、身体は休息できていたとしても、脳は十分な休息がとれずに疲労が蓄積することもあります。そのため、イライラして眠れないときでも就寝前の飲酒は避けたほうが良いでしょう。

 

▶︎人肌が恋しいってどういうとき?意味や心理、対処方法をご紹介!

 

イライラして眠れないときの対処法

 

イライラとした感情が湧いてきて寝つきが悪いとき、どのようにすれば安眠を手に入れられるのでしょうか。有効な対処法をいくつかご紹介します。

運動・スポーツで身体を動かす

良質な睡眠を確保するには身体をリラックスさせることが不可欠です。そのために有効なのが、日中の時間帯に運動やスポーツを行って身体を動かすことです。

 

これにより、適度な疲労が生まれベッドや布団に入ったときに入眠しやすくなるでしょう。

 

ちなみに、運動の時間がとれない方や運動が苦手な方は、就寝前に軽いストレッチや筋力トレーニング、散歩などをしてみるのもおすすめです。

入浴時間を考慮する

入浴は副交感神経を刺激し、リラックス効果を高める働きがあります。

 

ただし、長時間にわたって熱すぎるお湯に浸かったりシャワーを浴びたりすると逆効果のため、38℃前後のぬるま湯に浸かってじっくり身体を温めることを意識してみましょう。

 

なお、安眠効果を高めるためには就寝の90分から1時間半前を目安に入浴することがおすすめです。

リラックス効果のある食べ物を摂取する

眠れないときには温かいミルクを飲むのが良いとされていますが、これ以外にもリラックス効果を高めスムーズな眠りに導く食べ物があります。

 

主にたんぱく質やビタミンB群、マグネシウムなどの栄養素が効果的とされており、たとえば豆乳やバナナなどがおすすめです。

寝具の見直し

生活習慣に気をつけているにもかかわらず、なかなか安眠効果が得られない場合には、寝具が合っていない可能性も考えられます。

 

枕やマットレス、布団など、自分の体型に合ったものを選ぶことが大切です。また、体温が下がると睡眠の質も低下してしまいます。保温性が高く、全身をカバーできる寝具を選びましょう。

 

▶︎一人暮らしは寂しい?孤独を感じる瞬間や寂しさを解消する方法を紹介

 

まとめ

毎日決まった時間にベッドや布団に入っているにもかかわらず、イライラして眠れないと悩んでいる方は少なくありません。

 

特に、翌朝早い時間に出社しなければならないときや、予定が入っているときに眠れないと気持ちが焦ってしまい、さらに眠れなくなってしまいます。

 

このような悪循環を断ち切るためにも、できるだけリラックスした状態でベッドや布団に入ることが大切です。

 

不眠や睡眠不足に悩んでいる方は、今回紹介した対処法を参考にしてみてください。

オフザマットヨガ「ヤマ・ニヤマ」を 知って自分らしく生きよう(後編)

Photo by Nguyen Thu Hoai on Unsplash

 

今回は、前回の『オフザマットヨガ「ヤマ・ニヤマ」を知って自分らしく生きよう(前編)』でご紹介した『ヤマ』に引き続き、『ニヤマ』についてのお話です。

 

ニヤマは勧戒(かんかい)を表す言葉で、わかりやすく言うと「すべき行い」といったところでしょう。「心地よく生きたい」ということは誰しもが願うこと。心地よさを外側に求めることも多い現代ですが、実は心地よさは自分の中にあるということを、ニヤマを実践することで気づくことができます。

 

今の自分にもっと満足したい、平安な暮らしを送りたい、他人と比べる生き方から卒業したいという方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

シャウチャ(清浄)

必要なものなのかそうではないのか、あるいは、食事や生活習慣によって体の内側をきれいにし、心の清浄をしていくことを指します。

 

例えば、イライラしていている時、部屋の中を見回して見て下さい。散らかっていたり、埃がたまっているなんてことも多くないでしょうか。(筆者はよくあります)気持ちが不安定な時には、まずは身の回りの整理整頓や、掃除をしてみると、気持ちがスッキリし、それだけで満たされた気分になることも。

 

食べ物も同じで、ジャンクフードばかり食べていると罪悪感を感じたり、体が重くなったりすることもありますよね。一方で体が喜ぶもの、必要としているものを選択することで体も清浄され、軽やかさや疲れが取り除かれるなんてこともあるかもしれません。

 

サントーシャ(知足)

サントーシャは、満足すること。日本語で言う「足ることを知る」と同義で、今ここにあるもので満足すること、そして目の前で起こっている出来事や人、事実をありのままに受け入れることを指します。人は満足心を知らない限り、ずっと何かを求め続けます。何かを求め続けるということは、心が休まることから遠のくことになります。

 

特に現代では、SNSで他人と比べることも少なくありません。「○○さんは、あれを持っている」「○○さんは、こんな生活をしている」など欲望を掻き立てられることも決して珍しくありません。しかし、まずは自分がすでに充分満たされていることを知り、感謝することが、このシャントーシャの考え方です。

 

「あれが足りない、これも欲しい」を「あれもある、これもある」と言い換えてみるとよいかもしれません。また、1日1回、誰かに感謝する習慣をつけるのも良い行いです。

 

タパス(苦行)

苦痛は、多くの人が避けたいと思うものかもしれません。一方で、ヨガでは苦痛を引き起こす原因や振る舞い、感覚をありのままに受け止めることが勧められています。つまり、人生の様々な困難や問題を受け入れる強さを養うことを指しています。ここでポイントとなるのが我慢や諦めではなく、自分で納得して受け入れること。

 

苦痛の内容によっては時間がかかることもあるかもしれませんが、今あるもの、環境、人間関係は何らかの理由があって、必然的におきていること。例え苦しくても、これを乗り越えたら、きっと今よりももっと強く、更に満たされた自分になれることを忘れないでいましょう。

 

スワディヤーヤ(読誦)

読誦とは、必要なことはすべて、もともと自分の中にあるということ、それに気づくプロセスを指します。つまり、気づきをくれる本を読み、得た知識を実践して、人として成長していきましょうということ。

 

毎日学ぶ姿勢を忘れずにいれば、人は必ず新しい発見や気付きを得ることができます。それが自分自身の成長に繋がり、心地よい暮らしへと導いてくれます。

 

ちなみにヨガでは、色々な本を読むよりも、1冊の本を何度も繰り返し読むことが勧められています。知識量は多い方が良いと言われることも多いですが、心地よく生きていくために必要なことは、量ではなく質ではないでしょうか。1度読んだ本でも、2度目、3度目と回数を重ねていくことで理解が深まりますし、その時々の状況によって響き方も変わってくるのも同じ本を読み続けることの醍醐味です。

 

イシュワラプラニダーナ(神への祈念)

イーシュワラは「宇宙を動かしているもの」、プラニダーナは「自分を明け渡すこと」を意味します。「神様に祈りを捧げて、全てを受け入れること」と言うと分かりやすいかもしれません。

 

自分は一人だけの力で生きているわけではないことを、神への祈りを通して実感し、謙虚な姿勢を忘れないでいましょう。

 

例えば、インドでは呼吸は神様から与えられたギフトとされています。当たり前ですが、呼吸ができなければ、私たちは生きていけませんよね。自分が生かされている、存在していることは、すべて自分だけではなく多くの人や動植物、環境などのおかげ。当たり前のことほど見落としがちになってしまいますが、そういったことに気づかせてくれる、自分なりの神への祈りとなる習慣を身につけると良いでしょう。祈りを習慣にすることが難しい場合は、例えば毎朝呼吸を意識したヨガの練習(太陽礼拝がおすすめ)や呼吸法、呼吸に意識を向けた瞑想などもGoodです。

 

ライター:プロフィール

 

桑子 麻衣子

文筆家・ヨガ/アーユルヴェーダ研究家

不安症状と向き合うためにヨガやアーユルヴェーダの学びを深めるようになる。

2009年バリ島で全米ヨガアライアンス認定講師資格取得。2021年アーユルヴェーダ講師資格を取得。2013年シンガポール移住。夫と娘の3人家族。

子どもの自由な発想を生かして正解!

 

「朝ご飯できたよー!」

 

「ママー、今日はサンドイッチ作ってランチボックスに入れてー。」

 

「今日は誰がアフターケアだっけ?お稽古事は何時から?」

 

朝のどこか慌ただしい会話の中、静かに三女が2階から降りてきたと思うと、キッチンカウンターに座わり用意されていた朝ご飯を黙々と食べ始めました。なんだか食べずらそうで、動きがぎこちない。

 

よくよく見てみると、靴下を足にだけではなく、手にもはいているではありませんか。私はその滑稽な姿にクスクスと笑いをこらえるのに必死でした。なんでそんなこと思いつくのかなー笑

 

自分のあたりまえを押しつけない

きっと以前の、まだ長女だけを育てていた過去の私だったら、「靴下は足に履くものでしょう。汚いからご飯のときに手にはめて食べないよ。」なんて言っていたのではないでしょうか。

 

こんなに自分を笑わせてくれるユーモアにも気がつかずに・・・。「靴下が汚い」という概念は私が38年間生きてきた中で培った概念。

 

決してそれを子どもの自由な発想の中に植え付けるということはしなくてもいいのです。

 

いつかこの子が汚いと思ったらやめればいいし、誰も他にやっている人がいないから恥ずかしいと思ったらそのタイミングでやめたらいいんだと思います。

 

そして、それが好きな好意だったら少し変わってるけど、飽きるまでずっと続けたらいいだけのことです。

 

そんな小さなことに、いちいち目くじらを立てなくてもいいと気がつけたのは、アメリカにある小さな、そしてとてもリベラルなこの町に移住して、まわりのママ友たちや義理の母が、子供たち一人一人を大人と同じように、尊敬し、尊重した接し方をする、その姿を何度も何度も見せてくれたからです。

 

シュタイナー教育でいつも言うのは「子どもは模倣の生き物」。

 

真似っこが大好きな子どもたちだから、大人や親が、こんな風に食事をしたら素敵だと思う姿やマナーで日々食事をしていたら、いつかはそれが子どもたちの身についているのだよと教えてくれました。

 

だから、言葉であーでもない、こーでもないと小言を言うな、というわけです。

 

でも、それがなかなか難しいのです。

 

何度も言いすぎては、「ママ、言いすぎちゃった。本当はこういうふうにもっと短く丁寧に言えばよかったね。次はそうするね。またチャレンジしてみる。」これの繰り返し。

 

 

そっと見守るだけで良い

それでも母親になって11年目。不安や疑問はたくさんあっても、自分の信じる子育ての道を試行錯誤、右曲折しながらも進んできて、やっと自分のスタイルの育児が見えてきたなーと思うのでした。

 

完璧じゃないかもしれないし、日本の周りの人たちから見たら常識外れなのかもしれない。

 

でも、誰よりも、娘たちと真正面から向き合っているという自負と、何があっても最後まで子供たちの気持ちと行動を受け止めるという母としての覚悟があるから今の自分の子育てに揺るがない自信があるのだと感じます。

 

子供は子供らしくいさせてあげたらいい。育て急がなくていい。大きくなるのはゆっくりとそれぞれのペースでいい。

 

だから親って漢字は「立ってる木の影から見る」と書くのです。

 

育児は、そっと黙って見守ってあげたら良いのであって、その子の人生の主人公である子供本人に取って変わって、自分の価値観を声だかに、また常識という名の社会の価値観を代弁してまでコントロールをしなくても良いのです。

 

どんなに守ろうとしても子供たちは社会の波に揉まれて自分を形成していくのだから、先を見越して、こうならないように、ああならないように、と親の不安感で子供を縛り付けなくてもいいし、もっともっと自由に育ったら素晴らしと思っています。

 

それに、心配事の9割は起こらないというではありませんか。

 

起こるか起こらないかわからない、自分の頭の中の想像力、予想力で作られた心配事でがんじがらめにされながら生きても、自分も子どもも幸せにならないな、とつくづく最近思うのです。

 

ハッピーになれる場所で休憩しよう

本当に子供のためを思っての言葉がけなのか、それとも自分の不安感や恐怖感、トラウマからきているものなのか?それも常に見極めることが大切です。

 

私は、小言をぐちぐち子供たちに言い出してしまったら「ママ、イライラしてきてしまったみたいだから、少し黙るね。」と言って子供たちから距離をおく。

 

子供たちも、「あ、オッケー」と言って私をそっとしておいてくれる。

 

また、姉妹喧嘩がはじまった時も、「優しい言葉が出てこないみたいだから、それぞれのハッピーになれる場所へ行って、ハッピーになったら戻ってこよう」という。

 

そうすると、喧嘩も4割はエスカレートせずに済みます。

 

自分が行動で示して、子どもたちにもリマインドをする。これの繰り返し。

 

私の家の合言葉は”Happy Kids Do Better”(幸せな子どもたちはより良く行動します)です。

 

自分自身に置き換えてみても、上司などに叱られてしょぼんとしている時より、「君を信じていくからね。できる限りを尽くしてみてほしい。」と言われた方がやってみようという気持ちが湧いてきませんか?

 

 

子育ての答えは自分の中

子どもたちの気持ちやモチベーションも同じだと思うのです。

 

周りの人と比べて劣るところを指摘されてばかりより、以前の自分と比べて成長したり変化したりした部分に気がついてもらえた方が、さらに工夫してみよう、もう少し努力してみようと自然に思うものです。

 

最近なんだか小言が多いな、ついつい頭ごなしに叱ってしまうな。

 

そう思うようになったら、一度立ち止まって、バイブルのように読み込んでいる育児本を再度覗き込んだり、通っているシュタイナーの学校の先生に相談してみたり、自分の日記を読み返してどうやって乗り越えたっけ?と思い出してみたりして、気持ちを切り替えてまた子どもたちと向き合うようにしています。

 

子育てには終わりも答えもないから本当に面白い。

 

結局必ずと言っていいほど、答えはすでに自分の中にあるんですけどね。

 

「子育ては自分育て」というけれど、本当にその通りだなと思います。

 

真摯に向き合えば向き合うほど、自分が育つな、と感じます。

 

精一杯の愛をくれる子どもたちに同じくらい精一杯の愛で応えたいから、今日も一日、工夫工夫をこらしながら、言葉を大切に選びながら、失敗してキレたりもしながら、過ごしたいと思います。

 

執筆者紹介

永野 舞麻(ながの まあさ)

 

 

 

 

Humming編集長、一般社団法人ハミングバード代表理事。カリフォルニア在住。高校時代、スイスに住んでいたときに自然の偉大さに触れ、地球環境保全について学び始める。アメリカの美術大学でテキスタイル科を専攻。今でも古い着物の生地などを使って、子育ての合間に作品を制作し続けている。

オフザマットヨガ「ヤマ・ニヤマ」を 知って自分らしく生きよう(前編)

 

ヨガの教えはとても奥深いのが特徴です。

 

その練習はヨガマットの上に留まらず、日常生活にも及びます。

 

それを「オフザマットヨガ」とも呼びます。

 

ヨガを深めるためには8つのステップがあり、最初の2つが、オフザマットヨガにあたる「ヤマ」「ニヤマ」です。

 

これらには日常生活の指針が説かれており、生活の振る舞い方に関するヒントが示されています。

 

もう少し分かりやすく言うと「道徳」といったところでしょう。

 

例えば、「暴力を振るわない」「物を盗まない」などは、私たちが生きていく中で最低限備わっている道徳ですが、ヨガの道徳においては、もう少し踏み込んでいきます。

 

今回は、「すべきでない行い」のヤマについてのお話。

 

これを知っているだけで、生き方が清々しくなってくるのではないかと思います。

 

日々の暮らしの中でお役立て下さい。

 

アヒンサー(非暴力)

アヒンサーは、肉体的または精神的に暴力を振るってはいけないというものです。

 

この教えはガンジーが大切にしていたものと言われています。

 

自分も人も傷つけない優しい言葉を使い、思いやりと感謝の気持ちを忘れない。

 

忙しい日々を送っていると、つい言葉が荒々しくなってしまったり、親しい人に当たってしまうことも少なくありませんが、自分がされて嫌なことは他人にしないようにすることからはじめると良いかもしれません。

 

サティヤ(嘘をつかない)

正直であることは単純なようで、現代社会ではとても難しいもの。

 

自分に対して嘘をつくことが、習慣的になっているのは忙しい現代社会の特徴ではないでしょうか。

 

例えば、疲れているのに無理をしてしまうこと。

 

自分の体や心の声に嘘をつくことになります。

 

もちろん大人であれば頑張らなくてはいけない時もありますが、それがなんども繰り返されると苦しくなってしまいます。

 

また、他人に対して真実を打ち明けることが相手を傷つけるように感じたら、「それは言いたくありません」と伝えるようにとヨガの教えでは説かれています。

 

アスティヤ(不盗)

他人の物や時間、権利や機会を盗んではいけないという教えです。

 

例えば、約束の時間に遅刻したり、相手の話を遮ってしまったりすることは、他人の時間や権利を奪っていることになります。

 

またよく見受けられるのが、子供の成長の機会を盗むという行為。

 

怪我をしないようにしたり、「子供にやらせると時間がかかるから」と親が先回りしてやってしまうことはとても多いです。(7歳の娘がいる筆者もよくやります)

 

アスティヤを守ることで、欲しいものが手に入るんだそう。

 

逆に盗もうとしている人からは、欲しいものは遠ざかってしまうと言われています。

 

ブラフマチャリア(禁欲)

ブラフマチャリアは、生涯独身であることを説いたものです。

 

これを現代的に言うと、パートナーを裏切らないこと、あるいは利己的な欲に溺れないことを指します。

 

エネルギーは限られていますので、大切な人のために使いましょう。

 

アパリグラハ(不貪)

アパリグラハは、必要以上のものを欲しがらない、執着しないことを指します。

 

人間は欲深い生き物。

 

繁栄していくためにはある程度の欲は必要ですが、貪欲すぎることは本当に大切なものや、自分自身を見失ってしまうことにつながることもあります。

 

物でも情報でも持ちすぎてしまうことで、疲れてしまうという経験はありませんか?

 

例えば、家中、物にあふれて片付けるのが大変だったり、また自分がどんなものを持っているか忘れてしまうなんてこともあるかもしれません。

 

それでは、物もお金も無駄ですよね。

 

また、必要以上の情報は心の平静を奪ってしまいます。

 

知る必要のないことも世の中にはたくさんあるのではないでしょうか。

 

次回は、「すべき行い」のニヤマについてお話します。

 

お楽しみに!

 

ライター:プロフィール

桑子 麻衣子

文筆家・ヨガ/アーユルヴェーダ研究家

不安症状と向き合うためにヨガやアーユルヴェーダの学びを深めるようになる。

2009年バリ島で全米ヨガアライアンス認定講師資格取得。2021年アーユルヴェーダ講師資格を取得。2013年シンガポール移住。夫と娘の3人家族。

最小限の努力で1日を健やかに過ごす?アーユルヴェーダ的朝のセルフケア

Photo by bruce mars on Unsplash

 

皆さんは、朝はどのように過ごされていますか?「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、アーユルヴェーダでも、朝の過ごし方が大切であると考えられています。

 

今回は、アーユルヴェーダ初心者だった頃の筆者が、朝のセルフケアに取り入れはじめたものを中心にご紹介します。朝の目覚めをスッキリさせたい方や、1日をエネルギッシュに過ごしたいという方の参考になれば嬉しいです。

 

▶︎アーユルヴェーダって何?どうやったらすんなり今の生活に取り入れられる?

 

アーユルヴェーダの朝の過ごし方

筆者は、もともとどちらかと言うと朝型人間でした。(夜は9時前には就寝します)けれど、いくら睡眠時間が長くても、日によって寝起き状態はまちまち。特に月経前の寝起きは本当に辛いものでした。アーユルヴェーダの知恵を参考にしたセルフケアを取り入れ、しばらくたった今では、程度の差こそあれ、以前に比べてだいぶスッキリした朝を過ごすことができるようになりました。

 

筆者が最初にはじめたアーユルヴェーダの朝の過ごし方は、ベットの中での「自己観察」です。その日の睡眠の質はどうだったのか、寝起きはどうなのか、また体の調子はどうなのかなど。分析やジャッジする必要はないので、ただ朝のありのままの状態を観察します。

 

朝一番の自己観察はシンプルすぎてつい軽んじてしまうかもしれませんが、これがその日一日の生活の質を左右するかなめと言っても過言ではないと筆者は考えています。その日の朝の心身の状態をきちんと把握することで、朝の限られた時間を有効に使うことにもつながります。「朝はゆっくり過ごした方がいい」というのは分かってはいても、時間に追われがちな現代人には、そのような優雅なことばかり口にすることは難しい場合もありますよね。

 

最小限の努力で、1日を健やかに過ごすために、ぜひベットの中で数分間自分の体や心の観察をしてみて下さい。その後、その日の調子を見ながら、あるいは時間的余裕を考慮しながら、セルフケアをしていきましょう。

 

ベットの中で伸びをする

もし、体のだるさを感じたり、スッキリしないと感じたら、ベットの上で寝たまま「伸び」をします。両腕を頭の上に伸ばして、大きく息を吸いながら全身を伸ばします。背中をそらせ(アーチ)ても構いません。

 

体の隅々まで新鮮なエネルギーが行き渡るのを感じてみてください。これを数回続けます。長い時間(人によっては短いかもしれませんが)、おやすみモードだった体に起き上がるサインを送ってあげるつもりで行います。いきなりベットから起き上がるよりも、体がほんの少し軽く感じるでしょう。

 

舌磨き

体の調子に関わらず、多くの方に行ってほしいのが「舌磨き」。美容家も取り入れているということで最近よく話題になっていますが、アーユルヴェーダでは睡眠中に皮膚や口腔内に体内の老廃物が出ると言われています。現代医学においても、岡山大学の研究で舌苔(したごけ/ぜったい)にはアルデヒトという発がん物質が蓄積されていることが明らかになっています。舌苔を除去することで、アルデヒドも減少するのではないだろうかと言われています。その他にも舌苔を除去することで、口臭や口腔内の病気なども未然に防ぐことが期待できると言われています。多くのメリットがあるこの舌磨き、ぜひやってみてはいかがでしょうか。

 

舌苔を除去するための舌磨きには、市販の金製あるいは銀製のタングスクレイパーを使用するのがおすすめ。もし手に入らない場合は、スプーンで代用も可能です。舌苔の多さは、老廃物の多さが比例していると考えられるため、舌苔の量や質(どんな色なのか、感触、ニオイなど)も観察しましょう。

 

水分補給

口腔内がきれいになったら、水分補給をします。一般的に、アーユルヴェーダでは白湯がおすすめされていますが、体質によってはお水でも可。体がほてりやすい、熱を持ちやすい、または代謝が良い人は白湯よりもお水の方が良いとされています。しかしキンキンに冷えたお水ですと、お腹を下してしまう可能性がありますので、常温のお水が理想的です。

 

メディテーション / ジャーナリング

メディテーションには様々な種類があり、またアーユルヴェーダでは体質によってもおすすめのメディテーションが異なります。けれど、最初のうちは難しいことや習わしについては深く考えなくてもOKあなたが無心になれる瞑想法を1日3分ずつで良いので実践してみて下さい。初心者の方は、静かな落ち着ける場所に座って目をつむり、呼吸することに意識を向けてみて下さい。お気に入りの音楽をBGMにするのがおすすめです。

 

あるいは、朝から雑念が多いという方は、メディテーションの練習を行うと逆に辛い時間を過ごすことになるかもしれません。そんな時は、「書く瞑想」と呼ばれるジャーナリングがおすすめ。頭の中に思い浮かんだことを遠慮なく書きます。

 

朝食前に軽い運動

運動はわたしたちの心身のバランスを保つために必要不可欠なものですよね。運動に適当な時間は、朝食前と言われています。特に、気だるい朝をお過ごしの方は、体の中に溜まった毒素を発散するためにもぜひ体を動かしてみましょう。また、食前の軽い運動は排便効果にも役立つと考えられています。

 

運動は、全身をバランスよく動かすものが理想的。アーユルヴェーダでは、ヨガの練習がおすすめされていますが、その他にウォーキングなども有効。しっかりと手を振り足を動かして散歩してみましょう。体の中に溜まった重たいものが発散されると同時に、頭がスッキリする感覚があるかもしれません。

 

▶︎メディテーションを続けて得られる効果とは?

 

自分に合ったセルフケアを

いかがですか?朝は何かと忙しい時間ですのでなかなか全てをこなすことは難しいかもしれませんが、まずはできそうなことからはじめてみてはいかがでしょうか。毎日続けていくことで、少しずつ変化がみえてくると思います。

 

皆さんが、素敵な朝を、そして素敵な1日を過ごすことを心から願っています。

 

▶︎アーユルヴェーダで重要な消化力とは?体も心もデトックスして気分をあげよう!

 

ライター:プロフィール

桑子 麻衣子

文筆家・ヨガ/アーユルヴェーダ研究家

不安症状と向き合うためにヨガやアーユルヴェーダの学びを深めるようになる。

2009年バリ島で全米ヨガアライアンス認定講師資格取得。2021年アーユルヴェーダ講師資格を取得。2013年シンガポール移住。夫と娘の3人家族。

アーユルヴェーダで重要な消化力とは?体も心もデトックスして気分をあげよう!

約5,000年前にインドで発祥したとされるアーユルヴェーダの中で、とりわけ重要なのが「消化力」。もう少し噛み砕いていうと、アーユルヴェーダはデトックスファーストといったところでしょうか。「腸活」というとより身近でイメージしやすいかもしれません。その考えは、体の中に余計なものを溜めないで、心身の健康を安定させることを大切にしています。

 

今回は、アーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、実践して本当に効果のあったアーユルヴェーダ的デトックス方法をご紹介します。便秘に悩んでいる方や、疲れやすかったり、気分の落ち込みがあるなど、何となくの不調に悩まされている方の参考になれば嬉しいです。

 

消化力とは?

Photo by Nik on Unsplash

消化力」とは、食べものや感情を消化する力のこと。

 

アーユルヴェーダでは、消化力が弱いと未消化物が残り、体に「」が溜まると考えられています。この毒が、心や体の不調に繋がってしまうのです。

 

例えば、ベースメイクを思い浮かべてみてください。いくら完璧にファンデーションを塗ったとしても、お肌にニキビがあったり、肌がたるんでいれば、満足のいくキレイを見せることはできないと思いませんか?

 

それは、体の外側だけでなく内側も同じ。体の中、あるいは心の中にも毒を溜め込んでおけば、いくら良いものを取り入れたとしても身になることはありません。

 

現代の風潮として、良いもの(オーガニックフードや、ホールフード、スーパーフード、サプリなど)を”取り入れる”ということは多く見られますが、”出すこと”は、あまり重視されないことが多いかもしれません。実際、筆者もそうでした。

 

消化力の弱かった頃に筆者は、体に良いとされるものを多くとるようにしていましたが、なかなか思ったような結果を得ることはできませんでした。それどころか、心身の不調は増すばかり。便通は悪い上、食後のお腹の張り、ガスやゲップなど消化トラブルに常に悩まされる状態。また、ひどい時にはお肌はくすみ、たるみが気になることも。頑張れるけれど、慢性的に疲れが取れずに、そのせいでイライラして周りに当たってしまうこともしばしば。取り入れることよりも、余計なものを出すことに注力するようになると、みるみる不調は消えました。もちろん、常に一定して活力にみなぎっているわけではありません。それでも消化力を意識する前よりも、快適に暮らすことができるようになりました。

 

以下は、アーユルヴェーダで言われる毒が体に溜まっている人に表れやすい症状です。一つでも当てはまる項目があれば、次に紹介するアーユルヴェーダ的デトックス方法を試してみると良いかもしれません。

 

  • にきび、吹き出物ができやすい
  • お肌が乾燥しやすい
  • むくみやすい
  • 舌に白い舌苔(ぜったい:舌に付く細菌のかたまり)が溜まっている
  • 口内炎、口角炎ができやすい
  • 目が充血しやすい
  • 目の下にクマがある
  • 体臭や口臭が気になる
  • 便通が悪い(便秘 /出づらい・出るのに時間がかかる/ 残便感がある/ゆるい/下痢)
  • 月経痛がある / 月経不順
  • 尿の色が濃い
  • 肩こりや関節痛がある
  • 集中力が持続しない

 

▶︎メディテーションを続けて得られる効果とは?

 

アーユルヴェーダ的朝のデトックス方法

Photo by David Mao on Unsplash

 

アーユルヴェーダには1日を通して、様々なデトックス方法がありますが、筆者がおすすめしたいのは朝のデトックス。寝ている間に蓄積した未消化物を除去できたり、また朝のうちに排便を促すことでスッキリと1日をスタートすることができます。

 

日の出前に起きる

アーユルヴェーダでは、日の出前の起床がおすすめされています。起床後1時間程度で、便意を感じることが多いと言われていますので、スッキリとした排便を促すためにも、朝は余裕を持って起きることが◎。

 

西洋医学でも、起床後には、朝日を浴びると体内時計がリセットされ自律神経が整い腸内環境が整うとも言われています。

 

口内ケア

朝、太陽の光を浴びた後に行いたいのが、口内ケアでデトックスです。

 

まずは「舌磨き」をして、舌苔を除去しましょう。アーユルヴェーダでは、夜寝ている間に、体の中を巡った未消化物は舌の上に溜まり、これを放置すると、体内に毒として吸収されてしまうと考えられています。また口臭予防にもなり、口の中がスッキリしますよ。舌磨きには、市販のされているタングスクレイパーあるいは、スプーンで代用も可能。歯ブラシでこすると苔を押し込んでしまう可能性があるのでおすすめしません。

 

その後、歯ブラシをして、最後に「オイルプディング」をするのがおすすめです。これは一度加熱した白ごま油を使ったうがいで、歯茎のマッサージをする効果がある他、感染症、声がれ予防、口内炎の改善効果も期待できると言われています。白ごま油以外に、ココナッツオイルやオリーブオイルでも可。その場合は、加熱はしなくても大丈夫です。

 

白湯

口腔内がキレイになったら「白湯」を飲んでみましょう。朝の白湯は、排泄を促し、消化力を高めます。白湯の温度は、湯冷ましから50度程度が理想ですが、体調にあわせて調整して下さい。

 

また更なるパワーを感じたい方は、生姜白湯もおすすめです。生姜には胃腸の機能促進や毒素の排出など消化力を上げる効能が期待できると言われています。よく洗った生姜を食品保存容器にいれて全体が浸るくらいまでミネラルウォーターを注ぎ、一晩冷蔵庫で置いたら完成。飲む時は、適温に温めて飲んで下さい。

 

ヨガ / 呼吸法

時間の余裕がある場合は、ヨガや呼吸法の練習をおすすめします。体を適度に動かすことで血流が促進されて、腸の動きも良くなります。また呼吸法は腹式呼吸が◎。 腹式呼吸は横隔膜を大きく動かし、腹部内の圧力が高まります。その圧力が排便をサポートしてくれる効果が期待できます。

 

いかがですか?アーユルヴェーダのデトックス方法は、お金をかける必要はありません。もしかしたら、最小限の努力で最大限の効果を実感できるかもしれません。

 

特に夏の時期は、胃腸が冷えやすく消化力が下がってしまうケースが非常に多いです。もし、気になるものがあったら、ぜひ明日からでもはじめてみてはいかがでしょうか。

 

▶︎最小限の努力で1日を健やかに過ごす?アーユルヴェーダ的朝のセルフケア

 

ライター:プロフィール

桑子 麻衣子

文筆家・ヨガ/アーユルヴェーダ研究家

不安症状と向き合うためにヨガやアーユルヴェーダの学びを深めるようになる。

2009年バリ島で全米ヨガアライアンス認定講師資格取得。2021年アーユルヴェーダ講師資格を取得。2013年シンガポール移住。夫と娘の3人家族。

デジタル修正はもう不要! ありのままのあなたが美しい

 

あなたは、今の身体をそのまま受け入れ、愛おしく感じることができていますか?

 

日々がんばっているあなたの身体に対する思い、普段はどのように考えているでしょうか。

 

  • 「セルライトがあるから、足の見えるパンツは履くのはちょっと…」
  • 「出産してから、おなかのたるみが気になる。もうビキニは着られないな」

 

そんなことを感じたことはありますか?

 

ハミングでは8月は「ボディポジティブ」をテーマにして、さまざまな企画を展開しています。

 

あなたが抱く身体への思いについて考えるきっかけとして、今回は、アメリカの下着ブランドAerie(以下「エアリー」)をご紹介します。

 

エアリーは、「ボディポジティブ」のパイオニア的な存在。なぜなら、この概念が世の中全体に広がる前から、「自分をありのままに受け入れる」という考えを強く発信してきたブランドだからです。

 

多くの女性が共感するエアリーの取り組みを通して、あなたの身体をありのままに受け入れてあげることの大切さを考えてみませんか?

 

リアルな自分って?

エアリーのウエブサイトにはこう書かれています。

 

  • 「エアリーは、本当のあなたが輝くデザインを作ります」
  • 「本物であること、❝リアル❞ が何よりも美しい 」

 

エアリーは「ボディポジティブ」というブランドの理念を2014年からいち早く取り入れ「ありのままの体型で良い」というメッセージを広告にも反映させてきました。

 

エアリーのオンラインサイトには、いろんな体型、肌の色、サイズのモデルたちの堂々とした姿があり、より現実的で親しみやすい美のイメージを見せています。

 

こうやって、友達にいそうな体型のモデルたちを紹介することで、エアリーは、自分をありのままに受け入れるという価値観を世界の女性たちに広めています。

 

▶自分を認める方法|認めることの難しさや自己肯定感との関係性を解説

 

 

デジタル修正しない

エアリーを「ボディポジティブ」の代表的ブランドとしている特徴のひとつは、『モデル画像のレタッチをしない』という宣言です。

 

公式サイトによれば、2014年以来、モデルの画像のレタッチは一切していないそうです。

 

長年ファッション業界では当たり前だった『画像を理想的なイメージに修正する』というやり方に挑むこのアプローチは、当時、とても大きな反響を呼びました。

 

エアリーのオンラインサイトを見ると、モデルたちが、自分たちと同じような体型の人達だと感じるでしょう。

 

エアリーはこうやって修正なしのリアルなモデルを起用することで、「あなたはそのままで良い」「何も修正する必要などない」「一人ひとりの個性を讃えよう」という明確で力強いメッセージを送っています。

 

私たち女性特有の特徴でもあるストレッチマーク、セルライト、バースマーク、シミ、にきび、妊娠線。こういったものを否定する、時代遅れともいえる美の基準に対して、エアリーはきっぱりと「NO」をつきつけています。

 

エアリーのモデルたち自身も、インタビューなどでこういった女性の特徴は「恥ずべきことではない」と語っています。

 

▶メンタルヘルスを向上させるセルフケア方法。自分と向き合う時間を増やそう

 

プラスサイズも豊富

エアリーが「ありのままのあなた」を応援するという宣言は、商品のラインナップを見ても納得できます。

 

エアリーは、さまざまな体型の女性に対応できるよう、豊富なサイズバリエーションを提供しています

 

プラスサイズを豊富に取り入れることでエアリーは、体型に関係なくすべての人がスタイリッシュで快適な服を手に入れる権利があるという当たり前のことを示しているのです。

 

エアリーの取り組みは、こういった女性が隠したくなる特徴に対してだけではありません。

 

2019年には、障害を持つ女性や車いすの女性モデルを起用し、多様性のある社会を作ろうというメッセージを積極的に送っています。

 

こういった、女性のエンパワーメントを強化していくエアリーが、世界中の女性たちから指示されていることは、その売り上げの推移からもわかります。

 

完璧なボディの女性たちをモデルに起用している大手の下着ブランドである「ヴィクトリアズ・シークレット」を急ピッチで追い上げ、2021年時点での売り上げは全米で第2位となっています。

 

あなたはそのままでOK

エアリーのアプローチに触れ、私が率直に感じたのは、「ありのままを受け入れる」という考え方の重要性と同時に、その難しさです。

 

40代になった私の悩みといえば、最近特に目立つようになった顔のシミ。メイクの時にはこのシミをどう隠そうかということを第一に考えてしまいます。

 

年齢を重ねるごとに、私たちは、若い頃とは異なる悩みが浮上してくるもの。

 

そんな時、エアリーが私たち女性にやさしくなげかける「ありのままでいい」という理念は、まさに30~40代の私たちに響く、自信を持って受け入れることが大切なメッセージではないでしょうか。

 

自分の中にある、どんなに小さな特徴も、隠したくなるような部分も含めて、年を重ねてきた経験や時の流れが紡いできた独自の美しさです。

 

これは、自分の成長の証しであり、他人にはない独自の個性を示すものでもあるという考え方もできます。

 

エアリーの商品は、日本でもオンラインサイトで購入ができます。

 

▶”自分らしく生きる”とは?|仕事や恋愛で自然体で過ごせる方法を紹介

 

ライター紹介

著者:堀江知子(ほりえともこ)|タンザニア在住ライター

民放キー局にて、15年以上にわたりアメリカ文化や社会問題についての取材を行ってきた。

2022年からはタンザニアに移住しフリーランスとして活動している。

noteやTwitterのSNSや日本メディアを通じて、アフリカの情報や見解を独自の視点から発信中。

出版書籍『40代からの人生が楽しくなる タンザニアのすごい思考法 Kindle版

Twitterアカウントはこちら

 

頭も身体も心も目を覚ます⁈冷たい水風呂でメンタルヘルスが改善!

 

あなたは「コールド・プランジ(Cold Plunge)」という言葉を耳にしたことがありますか。

 

直訳すると「冷たい水に飛び込む」、つまり水風呂のことです。

 

最近、SNSでインフルエンサーたちが投稿している動画、凍るような冷たい水風呂に入っているアレです。

 

グウィネス・パルトロウ、ヴィクトリア・ベッカムやレディー・ガガなど多くのセレブがこのトレンドに乗っています。

 

しかし、健康ブームにのっているこの水風呂、実際にはどのくらい体に良いのでしょうか?

 

また、どういう人がやると効果的なのでしょう?

 

実は、最近の研究で、水風呂は健康面だけでなく、メンタルにも有益であることがわかってきています。

 

水風呂って体に良いの?

英語でいう、この「コールド・プランジ」には、冷たいシャワーを浴びたり、冷たい海で泳いだり、専用の冷水浴槽を使ったりすることも含まれます。

 

アスリートの中には、身体の回復を促すために冷水を利用する人もいます。

 

実際、人類は何世紀にもわたって、さまざまな治療効果のために、さまざまな形で冷水を利用してきました。

 

スポーツ医学の医者であるマーク・スラボー医学博士は、「臨床的には、1時間以上の激しい運動をするすべての患者にとって、水風呂に体を浸らせる療法は、炎症や痛みの軽減に役立つことがわかりました」と話す。

 

体への影響は納得できるが、それでは、メンタル面でのメリットについてはどうなのだろう?

 

▶セルフプレジャーとは?美容効果を紹介!どんな人におすすめ?

 

メンタルにも効果がある?

理学療法士であるオコン・アンティア氏は、「冷たい温度にさらされると、身体は鎮痛剤の役割をするエンドルフィンを分泌します。また、冷たい温度は、身体のストレスを安定させるなどの長期的な効果もある」と指摘します。

 

「温度が急降下することで、精神的なタフさと規律が鍛えられます。これは心のトレーニングのようなもので、快適なゾーンから押し出され、不快なことに対処することを教えてくれます」。

 

実際に水風呂を試した多くの人たちからも、水風呂によって不安やうつ病の改善に大きな変化があったという声が聞かれます。

 

新しい研究で、オレゴン大学のミンソン博士は、参加者(全員が精神的に健康であると報告した)のストレスホルモンであるコルチゾールのレベルが、冷たい水に浸かった後に低下し、その後3時間まで低いままであることを発見しました。

 

また、冷たい水に浸かった後、参加者たちは、ネガティブな感情を抱くことが少なくなり、気分が良くなったという報告も出ています。

 

氷の入った浴槽に座ることと気分が良くなることがどのように関係しているのか、正確なことはまだ解明されていません。

 

しかし、数分間、冷水に浸るというような、つらいことを成し遂げるという行為には、精神衛生上の効果がある可能性はあると、精神科医エレン・ヴォラ医学博士は言います。

 

水の中に入り、不快感を感じながらも水の中にとどまることは、困難に立ち向かい目標を達成した自分の能力を信じる結果になります。

 

「(水風呂は)私たちの人生で起こる挑戦の予行演習になります」とヴォラ博士は説明しています。

 

とんでもなく冷たい水に体を浸すことは、過去や未来について考えるのではなく、今起こっていることに集中するための活動としても役立ちます。

 

セラピストのケリー・マッケンナ氏は、「不安な思いを抑えられるのは、今を生きているときです」と説明しています。

 

「今この瞬間に集中することは、不安に対する非常に強力な対処法です。よって冷水に浸かることは不安を軽減するのにまさに有効なんです」。

 

うつ病の最も一般的な症状のひとつは、「何も楽しくない」と感じることです。

 

大好きな食べ物もワクワクしないし、好きな番組もつまらなくなります。

 

しかし、適度な運動という形で身体に少しストレスを与えるだけで、そのような感情が軽減されることがわかっているとヴォラ博士。

 

「水風呂につかることも身体的なストレスになるので、同じことができる可能性があります」

 

水風呂とメンタルヘルスの関係に関する研究はまだ必要で、いかに有効かに関する研究は限られているものの、水風呂への期待は今後も高まる可能性があると言えるでしょう。

 

ただ、冷水を浴びることは、メンタルヘルスの専門家に診察してもらうことの代わりにはなりません。

 

日常生活に支障をきたすような不安や憂鬱を感じている人は、メンタルヘルス治療を受けることが重要です」と、臨床ディレクターのジェイ・サーレ博士は指摘します。

 

▶感情の起伏が激しい人や少ない人の特徴|上手にコントロールする方法とは

 

 

リスクは?

健康な人であれば、水風呂にそれほどリスクはありませんが、何らかの持病がある人は、水風呂に入る前に医師に相談すべきでしょう。

 

高血圧低血圧など心臓血管に問題のある人は、特にリスクが高いとスラボー博士。

 

「寒冷療法の衝撃が動悸やその他の心臓合併症を引き起こす可能性があります」。

 

健康な人であっても、水風呂は血圧を上昇させたり、ショックを引き起こしたりする危険性があります。

 

また、冷水に浸かる時間が長すぎると、凍傷や低体温症になる危険性も。

 

自宅でのやり方

最初は少しずつ始めることが大切です。

 

スラボー博士は、まずは2分間くらいの短い入浴から始めて、徐々に長くしていくことを勧めています。

 

すぐに氷水の入ったバケツに飛び込む必要もありません。スラボー博士は「15度(セ氏)くらいのぬるめのお湯から始めて、短時間つかる」ことを勧めています。

 

ウェルネスコーチのクイグリー氏は「冷水浴の効果は期待できますが、すべての人に合うとは限りません」と指摘します。

 

また、彼女は冷たいシャワーを浴びることに抵抗があっても、健康上の利点に興味があるのであれば、15度前後の涼しいシャワーを浴びることをお勧めしています。

 

これだけでも、ストレスの軽減やエネルギーの高まりを実感できるでしょう。

 

▶セルフ・コンパッションとは?やり方やマインドフルネスとの違いを解説

 

日本のサウナブーム

日本でも最近はサウナがはやっていますね。

 

その影響を受け、身の回りでも手軽に水風呂に挑戦するチャンスが広がっています。

 

健康や美容に注目する人々にとって、この機会は見逃せません。

 

ただ、このトレンドを単なる一過性のものとして追いかけるだけでなく、長く続けられるあなたなりの方法を模索することが重要です。

 

大事なのは、自分に合ったペースで取り組むこと。

 

日本では、まず水シャワーが、日々の生活に組み込みやすい健康法になるかもしれません。

 

流行を取り入れつつ、自分らしい方法で健康な未来を築いていけると良いですね。

 

参考:The Benefits of Cold Plunges For Mental Health – The Good Trade

参考:https://www.wondermind.com/article/cold-plunge-benefits/

 

ライター紹介

著者:堀江知子(ほりえともこ)|タンザニア在住ライター

民放キー局にて、15年以上にわたりアメリカ文化や社会問題についての取材を行ってきた。

2022年からはタンザニアに移住しフリーランスとして活動している。

noteやTwitterのSNSや日本メディアを通じて、アフリカの情報や見解を独自の視点から発信中。

出版書籍『40代からの人生が楽しくなる タンザニアのすごい思考法 Kindle版

Twitterアカウントはこちら