ig
search
SEARCH IN:
CATEGORY

Beauty
Hello! iikoto

2022.06.10 肌、髪、ボディとお出かけ前に使う夏のミストコスメ

SDGsエシカル情報欲しいものリスト

肌や体に良いもの、使い心地が良いもの、気分が上がるもの・・・コスメや美容ツールを上手に取り入れて、Hummingな毎日を送りたい。美容ライター 荒木奈々さんがおすすめをご紹介します。


スプレータイプなら忙しい朝でも簡単にひと吹き

朝はキレイに仕上がっていたのに何で?と、オフィスで鏡を見てがっかりすることがあります。どうやってもメイクは崩れるし、髪はパサパサになるもの・・・。そうはいっても少しでもキレイを長持ちさせたい。そこで、いざお出かけ! その前に、使って良かった、使わないと損かもしれない的なオプションケアをご紹介。この時期にぴったりな、肌、髪、ボディに仕込んでおくと良いアイテムを見つけました。


My select 01:空気汚れからも肌を保護。定番のフィックスミスト

フィックス メイクアップ 50ml¥4,400/クラランス

つけるのを忘れると何だか不安・・・。そのくらいみんなの定番になっているのが、朝のメイク仕上げのフィックスミスト。マスク着用でメイク崩れを気にしているなら、絶対にハズせないアイテムです。

フィックス=定着ですから、やはり頼りになるのはベースメイクブランド作のものでしょうか。最近は保湿やリフレッシュ効果を備えた二層式やナチュラル系など、お好みのタイプや香りが選べるようになっています。
このカテゴリーで知っておきたいのが、クラランスの「フィックス メイクアップ」。マスク着用以前からのロングセラーで、唯一無二のフィックスミストです。

そもそもクラランスのコンセプトはひと言でいうと“プラント&サイエンス”で、このミストはメイクをフィックス、美しい仕上がりを長持ちさせるだけじゃない手応えも頼りになるのです。まずはそのキーワードから機能をおさらい。

  1. フィックス
    キメ細かいミストが肌にふんわりフィット。守りのヴェールを形成し、メイク崩れしにくい肌へ。メイクの仕上げに顔から30cmくらい離して使うのがコツ。
  2. 保湿
    天然由来のアロエ(アロエベラ液汁/保湿)を配合。瞬時に潤いをチャージすると同時に、肌を落ち着かせるスージング効果も発揮。日中スプレーすると逆に乾いてしまう、なんてことは一切なし。みずみずしい肌へ。
  3. リフレッシュ
    どのタイミングで使ってもベタつき感がないのは、極小微粒子マイクロミストのおかげ。香り成分にダマスクローズ(ダマスクバラ花水)×グレープフルーツを採用。使うたびに肌がシャキッと目覚めるだけでなく、気分もうっとり。
  4. アンティポリューション
    クラランス自慢の働きかけで、「フィックス メイクアップ」にはチャ葉エキス、ラプサナコムニス花/葉/茎エキスからなるアンティポリューション コンプレックスを配合。植物由来の成分で大気汚染による肌内ダメージをケア。またチリ、ほこりなどもカット。

使うシーンは朝だけでなく、日中乾燥が気になったとき、気分転換したいときにも。また「フィックス メイクアップ」は、都会に住む肌や季節の変わり目肌、揺らぎやすい肌などにも必携なのです。

その肌にスプレーしたい理由は、上記のアンティポリューション対策が徹底されているから。クラランスでは保湿系のスキンケアから、肌を守るUVケアまで、アイテムごとにアンティポリューション コンプレックスが処方されています。要は大気汚染から肌を保護するというアプローチですが、花粉症のようにあからさまにトラブルがあらわれるわけではないので、肌トラブルを引き起こすほど空気って汚れているの?なんて思ったりもしますが、見えないからこそやっかい。できるだけ回避すべきで・・・。

なぜクラランスは空気にこだわるのか? クラランスのインスピレーションの源はアルプスの自然にあるそう。1966年アルプスのハーブを配合したクレンジングの開発をきっかけに、環境と生物多様性を守り尊重することをブランドフィロソフィーに。クラランスはアルプスの中央、海抜1,400メートルの山々に囲まれたオープンエアの研究所&自社農園「ドメーヌクラランス」を設立しています。そこは大気や土壌汚染とは無縁の地で、自生植物の宝庫。土地を耕す際は、大地に負担をかける機械など使用せず、伝統農法の馬耕だそう。ちなみにクレンジングをはじめ、2020年以降に発売されたアルプスハーブを使用した一部の製品は「ドメーヌクラランス」で栽培された、100%オーガニックのハーブが使用されてます。つまりキレイな空気で育った植物はそれだけでパワフル!

空気が澄んでいない都会に住んでいますから、肌はそのぶんストレスだらけ。そういう意味でもクラランスの「フィックス メイクアップ」にお世話になりっぱなし。ベタつきで崩れやすい肌も、カサカサな感じに崩れる肌も、オールタイプの肌に使えます。ハンドプレスは不要、あっという間にフィックスします。


クラランス
www.clarins.com


My select 02:夕方になってもパサパサしない。髪にはオイルミスト

ラ・カスタ プロフェッショナル ヘアエステ CMCコンディショニング ローション 150ml ¥2,200(サロン専売品)/アルペンローゼ

以前、パーツモデルさんに日焼けについてヒアリングしたら、UVカットものは使っていないと回答。“乾燥しているから余計に日焼けする。だから私は保湿ケアをたっぷり塗る”。なるほど~。それ以来、夏こそ保湿ケア重視を実践。それは髪にもいえることなのです。

紫外線は髪表面のキューティクルに相当なダメージを与えるといわれます。キューティクルは魚のうろこに例えられますが、ダメージを抱えたキューティクルは開きっぱなし、はがれたり、かけたりしてしまっているそうで、そのスキ間から髪の内部成分やカラー色素が流出。そうなるとパサつくし、ツヤがなくなるし、指どおりも悪く。帽子をあまりかぶらないので、確かに夏は髪のパサパサ感が強い、しかもカラーの褪色も夏が一番早い気が・・・。

そこにはUVカットだけでなく、ダメージの連鎖に働きかける根本解決が必要。「ラ・カスタ プロフェッショナル ヘアエステ CMCコンディショニング ローション」は、髪のCMCを補強するアウトバストリートメント。CMCとは細胞膜複合体(Cell Membrane Complex)の略で、髪の外側(キューティクル)と内側(コルテックス)を密着させている接着剤のような働きを持つそう。水分や栄養の通り道になるのですが、日々のシャンプーやドライヤーでも損傷してしまうデリケートな構造。

「ラ・カスタ プロフェッショナル ヘアエステ CMCコンディショニング ローション」は、CMC類似成分や、紫外線や大気汚染など環境ストレスをケアする独自のコンプレックス植物成分LP-GRを配合。保湿・補修・保護をする髪のための化粧水で、乾燥している髪にもスーッと浸透し、サラサラな手触りに。オイル入りなので軽い塗膜効果をもたらし、キューティクルを保護(疎水化)。内部の流出も外部の侵入もブロックしてくれます。

洗髪後、ブロー前にいろいろなタイプのヘアケアを使っていますが、紫外線対策には水分と油分を補う保湿ケアが必須ということで、お出かけ前のブローにはコレ。一目惚れならぬ、一回惚れ。ユーカリ、オレンジ、ローズマリー、セイヨウハッカのハーバルシトラスアロマが爽やか、しかもトリガーハンドルで扱いやすいのも嬉しいのです。スプレーしておくと、夕方の髪が広がりにくい! これさえあればの夏のヘア保湿に個人的に認定。

ラ・カスタ プロフェッショナルのブランドテーマは「美しい『人と地球環境』」で、2006年に誕生、サロン専売品、つまりプロフェッショナル専用のアイテムを取り扱っています。オーガニック植物原料をできる限り使用し、目利きのプロが求めるワンランク上の仕上がりを目指しているそう。水にもこだわるラ・カスタ プロフェッショナルは髪に良いといわれる軟水、信州あづみの野の地下水、いわゆる北アルプス天然水がベース。また研究から製造までメイドインジャパン。SDGsの取り組みは国産ヘアケアメーカーでも随一といわれており、北アルプス製造工場の屋根のソーラーパネルも圧巻です。またウォーターガーデンなどもある美しい庭園、「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」も隣接し、要予約ですが色鮮やかな木々や花々の中を散策することができます。


ラ・カスタ プロフェショナル
https://pro.lacasta.jp


My select 03:朝の強い紫外線もカット。クールなUVミスト

ハレマオ UVカットスプレー LT COOL SPF50+・PA++++ ¥1,320/デミ コスメティクス(サロン専売品・限定品)

自転車の送り迎えって本当に肌が焼けますよね。我が家はたった5分程度なのに、夏が終わる頃にはビーサンの跡がくっきり。焼けやすいのは足や手の甲と、首の裏、デコルテ、それから耳で、うっかり日焼けの最重要ポイントです。ですから玄関にUVスプレーを常備。塗りにくいこれらの部分を中心に、忙しい朝にシューッと大活躍です。

サマーケアブランドのHalema’o(ハレマオ)は、ひんやり系のシャンプーを夏が来るたびに愛用していました。そのハレマオが、初夏にサステナブルブランドへとリニューアル。同時に、スーパーウォータープルーフ処方×クールタイプのUVカットスプレーなどの新アイテムも追加。

シリーズの特徴成分は保湿効果をもたらすレモンバーム。またすべてのアイテムに、消臭効果に優れたカキタニンエキスを配合。プロテクト効果に、美肌効果、さらに気になる夏のニオイもケアしてくれるのです。レモンバームは循環型農法で栽培されたものだそうで、残渣も肥料として活用しているそうですよ。
ハレマオとはハワイ語で“緑の家”、家族でシェアできる設計になっています。またユニークなのが香りの提案。今回限定の全10品は、すべて異なる夏の香りです♪

UVカットスプレーは2タイプ用意されています。手にしたのはハレマオらしいクールな使用感の「UVカットスプレー LT COOL」。ハレマオではクールタイプのレベル分けがされていて、このスプレーは10段階中の5レベル。ほどよいひんやり感です。朝からジリジリの暑い日にもSO COOL! 汗にも流れにくいスーパーウォータープルーフタイプなので、自転車通だけでなく、野外でのスポーツ、フェスなどのお出かけシーンにもぴったり。しかも独自特許成分でタバコのニオイなどもカットできるそう。
ボディのUVだけでなく、髪にも使用可能。髪に使えば広がりや紫外線による褪色も防止できる機能派です。顔にももちろん使えます。ライム×ティーツリーのフレッシュなグリーンの香りが魅力。重ね付け、お直し用の日焼け止めとしても便利です。


ハレマオ
https://www.demi.nicca.co.jp/halemao/


手を汚さないのも嬉しいスプレータイプ。夏は崩れたくない、乾きたくない、焼きたくないからぜひ!


TEXT = 荒木奈々

HOME > Hello! iikoto > Beauty > 肌、髪、ボディとお出かけ前に使う夏のミストコスメ

SDGsエシカル情報欲しいものリスト

Team Humming明日を一緒につくる!

Team Humming

毎日を楽しみながら、エシカルライフを実現するには?
みんなで一緒に考えて、アクションを起こしていきましょう。
メンバーに登録することで、イベントやセミナー、
チーム限定の情報などをお届けします。

JOIN US!

Team Humming メンバーに登録する
scroll
ad1