Humming♪

生理後は性欲が強くなる?生理周期別の性に関する過ごし方を紹介

女性の性欲には個人差があるほか、さまざまなタイミングによって性欲が強まったり減退したりすることがあります。

 

なかでも大きな影響を与えるとされているのが生理です。

 

本記事では、生理前と生理後で性欲はどのように変化していくのか、また、性欲が高まる理由や解消する方法なども解説します。

 

女性の性欲に関係するエストロゲンとは

 

性欲についてはさまざまな研究が行われていますが、なかでもエストロゲンとよばれる物質が性欲に大きな影響を与えていることがわかっています。

 

エストロゲンとは女性ホルモンの一種であり、女性の生殖器系や二次性徴、さらには身体の健康に多くの影響を与えています。

 

エストロゲンの分泌量が多いほど性欲は高まり、反対に分泌量が減ると性欲も減退していきます

 

一般的に生理が終わった直後から排卵日にかけてはエストロゲンの分泌量が増えるため、性欲は高まる傾向が見られます。

 

反対に、妊娠初期および妊娠後期、出産後、更年期にはエストロゲンの分泌量が減るため、性欲も減退していく傾向にあります。

 

ただし、これらはあくまでも一般的な傾向であり、性欲の強さや波には個人差があります。

 

▶︎女性の性欲について解説!性欲がない女性の理由もご紹介!

 

生理前に性欲が強くなる理由

性欲が強くなる背景には、相手に対する愛情や恋愛感情といった心理的な側面と、環境的な要素などが複雑に絡み合っています。

 

これらに加えて、生理的な側面から見てみると生理周期によってホルモンの分泌量が変化し、それが性欲を刺激しているケースもあります。

 

女性は生理周期のフェーズに応じてホルモンレベルが変化します。

 

一般的に、エストロゲンの分泌量がもっとも高くなるのは排卵期とされており、これが直接的な原因となって性欲を高めると考えられています。

 

排卵期とは、生理が始まる2週間程度前にあたります。

 

排卵期には妊娠の可能性が高くなることから、生物学的に考えてもこの時期に性欲が高まるのは当然のことといえるでしょう。

 

▶︎セックスレスの原因とは?|なりやすい夫婦の特徴や解消法を解説

 

生理後に性欲が強くなるのはメンタルが原因?

 

生理前や排卵期に性欲が強くなるのは、あくまでも一般的な傾向に過ぎず、必ずしもすべての女性がそうとは限りません。

 

なかには、生理後に性欲が強くなるケースもあるでしょう。

 

そのため、生理前の排卵期ではなく生理後に性欲が高まるからといって悩む必要はなく、あくまでも個人の体質の違いなどと捉えて問題ありません

 

生理後に性欲が強くなる理由にはさまざまなものがありますが、なかでも多いのがメンタル面の影響です。

 

生理中は強烈な生理痛や体調不良に悩む女性も多く、精神的にも落ち込むケースが少なくありません。

 

また、セックスやマスターベーションをしたいのにもかかわらず、生理中にはその欲求が抑制された状態になってしまいます。

 

しかし、生理が終わった後はそれらの悩みから解放され、性欲が一気に高まるという方も少なくありません

 

▶︎感情の起伏が激しい人や少ない人の特徴|上手にコントロールする方法とは

 

生理後に性欲が強くなる人の割合

女性の性欲が高まるタイミングは個人差があると紹介しましたが、生理前と生理後を比較するとどの程度の割合なのでしょうか。

 

さまざまなアンケート結果があり、その多くはほぼ半々の割合となっていますが、両者を比較してみると生理前のほうがわずかに高い傾向が見られます。

 

詳しく見ると、「生理前」と回答した女性の多くは「体調が変化し本能的に性欲が高まる」と回答しています。

 

反対に、「生理後」と回答した女性は、「生理が終わったという解放感があるから」という方や、「生理前はイライラしてセックスのモチベーションが上がらない」といった意見もありました。

 

▶︎40代の女性は性欲が強い?なくなる?その違いや性欲の対処法について

 

生理周期と性欲の推移

 

性欲の波は生理の周期と密接な関係があると紹介しましたが、一連の周期でどのように変化しているのでしょうか。

 

生理前から排卵、生理中、生理後のそれぞれのフェーズに分けて解説します。

 

生理前まで

前の排卵期が過ぎるとエストロゲンの分泌量が徐々に減っていき、それとともに性欲も減退していきます。

 

ただし、全く性欲がないというわけではなく、パートナーや恋人との接触やスキンシップなどによって性欲が高まるケースも少なくありません。

 

生理中

生理中は経血の影響もあり、セックスやマスターベーションが物理的に難しいほか、そもそもモチベーションが高まりにくいこともあり性欲は低い傾向にあります。

 

生理後から排卵前まで

生理後から排卵前の段階では、徐々にエストロゲンが増加し性欲が高まっていきます。

 

また、先ほども紹介した通り、辛い生理が終わったという解放感から性欲が一気に高まる女性も少なくありません。

 

排卵期

排卵日の前後2日間程度は排卵期とよばれ、子宮から卵子が放出されるため妊娠しやすいタイミングともいえます。

 

個人差はありますが、子孫を残すために本能的に女性の身体は敏感になり、性欲もピークに達するとされます。

 

▶︎50代女性の性欲事情|閉経後や更年期との関連性についても

 

生理前と後の性欲を解消させる方法

生理前と生理後では、性欲が高まる理由やメカニズムにも違いがあることがわかりました。

 

では、それぞれのタイミングで性欲を発散・解消するためにはどういった方法が効果的なのでしょうか。

 

生理前の性欲処理方法

排卵期に性欲はピークに達しますが、生理前のタイミングにかけて徐々にストレスを感じたり、イライラしたりすることもあります。

 

そのため、排卵期はパートナーとじっくり前戯を楽しみながら愛情のあるセックスを楽しんだり、お互いに試してみたいプレイや体位などに挑戦してみるのもおすすめです。

 

一方、生理が近づいてくると気が立ってくることもあるため、パートナーを傷つけないためにもしっかりと自分の体調を説明し、休息をとることも大切です。

 

どうしても性欲を抑えきれない場合には、パートナーとのセックスではなくマスターベーションで処理するという方法もあります。

 

生理後の性欲処理方法

生理後のタイミングは辛い生理が終わり、気分も高揚し解放感に満ち溢れることが多いです。

 

そのため、生理中に我慢していたプレイなども存分に楽しむことができます。

 

また、生理前のタイミングではいつ生理が来るか不安な気持ちがあり、プレイに集中できないことも多いですが、生理後はそのような心配がないため、多少は激しいプレイで性欲を発散できるでしょう。

 

▶︎セックスレスになると離婚率が上がる?レスにならないための方法とは

 

まとめ

性欲の強さや波についてはデリケートな問題であり、恋人や友人であっても相談することに抵抗を感じてしまいます。

 

女性にも性欲は存在し、性欲が強いことは決して異常ではありません。

 

また、生理をはじめとしてさまざまなタイミングで性欲の波はあり、日常生活に支障をきたさない程度であれば悩む必要はないでしょう。

 

生理前と生理後それぞれのタイミングで性欲が高まる理由は異なるため、パートナーと相談しながら適切に性欲を解消する工夫を心がけてみましょう。

 


関連記事