Humming♪

「自分の身体を知り、人生を充実させるためのケアを」
鍼灸師・温活士 栗本夏帆先生に聞く腟ケアのすすめ

『うるおいの腟レッチ』の著者で、鍼灸師・温活士の栗本夏帆先生は女性のためのオンラインサロン『腟サロン』を主宰。鍼灸に基づく“未病治”(=病気になる前に対策をとり、健康を維持する)の考え方は、日々のセルフケアにも当てはまります。「腟まわりの“未病治”とは今はトラブルがなくても、最適なアイテムを使って日頃からケアしましょうということ」と栗本先生。今回は腟ケアやトレーニングの重要性、ケアを始める前に知っておきたいこと、フェムテックについて教えていただきました。


セルフメンテナンスを継続してトラブルを防ぐ

― 鍼灸院ではどのようなお悩みが多いですか。

鍼灸=肩こりや腰痛に効果的というイメージを持って来院される方がほとんどですが、お話を伺っていくと更年期や生理痛の悩みを抱えていらっしゃることも多いです。そういった症状に対して鍼灸が手助けできるということがなかなか知られていません。特に更年期の症状は疲れやすい、やる気が起きない、急に白髪が増えたなど、いくつもの症状が重なって現れます。症状が重いと仕事をやめなくてはならないなど、生活にも影響が出ることもあり、それだけ辛いのだなと痛感します。また20代、30代の女性に多いのは「妊活を始めているけれど、なかなか妊娠できない」という声。現代病でもありますが、慢性的な身体の冷えや基礎体温の低さによる影響も大きいと思います。

東洋医学の考え方である、病気にかかる前に治す“未病治”という概念を持って、身体のメンテナンスを行う施術が鍼灸です。一人ひとりの状態を見て、鍼やお灸を使いツボを刺激することで病気の治癒や予防を目指します。一時的に症状を緩和するのではなく、根本改善が目的なので更年期になる前に、妊活を始める前に、定期的なメンテナンスのために利用していただきたいです。鍼灸による症状の改善とともに、症状に適した病院をご提案することもあります。鍼灸院がお悩み相談所のようになると良いなと思っていて、著書『うるおいの腟レッチ』は、鍼灸師としてお悩みを抱える方と産婦人科の間に立つ気持ちで書かせていただきました。


― 鍼灸師である栗本さんがフェムケアやフェムテックに関心を持った経緯を教えてください。

小学生の頃から性に対して関心が高く、初めは「どうやって私は生まれたんだろう?」という疑問から性行為に関して母に聞いたり、女性の身体について調べるようになりました。性や身体について話すことがタブーという意識がまったくなかったので、学生時代には得た知識を友人や彼氏に話すことも。周囲の反応も興味津々という様子で、セミナーかのごとく話していましたし、相談を受けることも多かったです。

栗本先生が経験された肌状態の変化

フェムテックとの出合いは学生時代。当時ストレス過多の状態でひどい肌荒れに悩んでいました。鍼灸師を目指し基礎的な医学の知識を得ていて、肌荒れには女性ホルモンの働きが影響していること、さらに腟が女性ホルモンや自律神経に関係することを知り、腟まわり専用ソープに出合ったことで本格的にケアを始めました。これが私には効果テキメンで、顔のスキンケアと腟まわりのケアによってだんだんと肌荒れが落ち着いてきました。


―腟まわりのケアを始める前に、知っておくべきことは何ですか。

自分の身体の構造、機能を知ると適切な扱い方が分かります。これからケアを始めるなら“今”の自分を知ってほしいので、まずは鏡で自分の腟まわりの状態を確かめてみてください。そしてケアによる変化を知ってほしいです。基本のケアとして専用ソープで洗った後に、保湿する習慣が身に付くと良いと思います。


― 初心者が取り入れやすいフェムテックを教えてください。

初心者の方はお風呂で身体を洗う延長で、まわり専用ソープを取り入れてみるのが良いと思います。通常のボディソープをまわりに使うと洗浄力が強く乾燥してしまうので、専用のソープか、デリケートゾーンのpH値に合わせたボディソープに切り替えていただくのが良いです。泡で出るポンプタイプがおすすめです。

鍼灸院では今、骨盤底筋群を鍛える機械の導入を検討しています。その機械はEMSのような要領で、磁気を利用して洋服を着たまま座るだけで鍛えられます。鍼灸治療を受けた後、その機械でトレーニングができるようにしたいと思っています。


― これから汗を掻き、デリケートゾーンのニオイなどが気になる季節になりますよね・・・。

最近はさまざまなアプローチのフェムテックが充実しているので、悩みを解決したいという想いをきっかけに、月経カップや吸水ショーツを試してみるのも良いと思います。ムレやニオイが気になるときはハイジーンシート(デリケートゾーン用ウェットシート)がおすすめ。手軽に持ち運べて、使用後はそのままトイレに流せるので便利ですよ。

愛用中の専用ソープやハイジーンシート


― 腟まわりのケアは心や身体にどのような効果をもたらしますか。

トラブル防止になると同時に、メンタル面への効果が大きいと思います。腟まわりに限らず、自分を労わるセルフケアは心を穏やかに、前向きな気持ちにさせてくれます。


―『腟サロン』では、どのような情報を発信されているのでしょうか。

生理や性器の仕組み、ピルについてなど、女性の身体にまつわる基本的な知識を得られるお話しをしています。また最近は講師の方を招きより専門的な分野のセミナーを行う機会も増やしていて、セルフプレジャーアイテム「iroha」の担当者の方に開発経緯や使用方法を伺うようなセミナーも予定しています。

性に関するテーマの回は参加者の方も多く、皆さん関心があるのだなと実感します。女性限定の真面目に話し合える場なので、参加者の皆さんもご自身の体験や気持ちを赤裸々に話してくださるので、深いお話ができています。
オーガズムが得られないというお悩みは多いですが、オーガズムがすべてではありません。クリトリスの構造や仕組みを知ると相手との会話が変わり、性行為の仕方や自分自身の意識や行動が変わると思います。どこを触られると、どんなふうに気持ちいいと思うのかを相手と探ることでコミュニケーションを深めたり、自分で自分の身体に触れることで自分の身体や気持ちを知ることが大切です。


― 栗本さんが実践されている「腟レッチ」とはどのようなものでしょうか。

「腟レッチ」は腟まわりをはじめ、全身のストレッチを取り入れた骨盤底筋群を鍛える運動です。私は学生時代にバスケットボールに打ち込み、体幹やインナーマッスルを鍛えていたので自然と骨盤底筋群も鍛えられていたと思うんです。けれど引退してしばらく経った頃、初めて残尿感や尿切れの悪さを感じ、骨盤底筋群を鍛える重要性を実感しました。

骨盤底筋群は恥骨、尾骨および坐骨の間にあり、子宮、膣、膀胱、尿道、直腸といった臓器を支えています。日常生活の動きのなかで使う筋肉ではないので鍛えにくいのですが、意識的に鍛えることが大切です。出産や加齢などによって筋力が緩み、尿漏れに悩まれている女性の声をよく聞きます。日々継続して骨盤底筋群を鍛えることで尿漏れなどの予防や改善が期待できると思います。

腟レッチはYoutubeでも紹介。


― 性へのタブー意識の改革や、女性特有の悩みを話しやすくするためには何が必要だと考えますか。

幼少期からの性教育が大切だと考えます。子供から大人に疑問を投げかけたときに、ごまかされたりすると「性の話をしてはいけないんだ」と感じる可能性があります。子供に対しての性教育が不十分だと、知識のないまま性行為にいたり、人工妊娠中絶や性感染症の増加を招きます。大人がきちんと知識をつけて、子供に話すことが当たり前にならないといけないと思います。


― 現代女性の健康課題として特に懸念されていることは何ですか。

身体の冷えですね。昔に比べて現代人は生活が便利になった分、動かなくなったことで基礎体温が低く、冷えが女性ホルモンや自律神経の乱れによる不調を招いたり、妊娠しづらくなったり、35℃以下は癌になるリスクも高まります。理想的な基礎体温は男女ともに36.5℃。鍼治療によって血液の循環をよくすることも、冷え症の予防改善につながります。

毎日の食事に身体を温める食べ物を取り入れるのも効果的です。生姜、よもぎ、シナモンなどじんわりと温めてくれる食べ物がおすすめ。お味噌汁に生姜を少し足すだけでも良いです。よもぎはお灸の原料でもあり、止血作用によって身体の内外の不正出血を和らげたり、抗酸化作用もあります。統括院長を務める鍼灸院のグラン治療院では和洋菓子店とともに「食べるお灸」(よもぎスイーツ)の開発・販売を行っています。

「食べるお灸 ~よもぎとあずきのムース~」1個 ¥530はグラン治療院、抹茶とあずきの和洋菓子 松右衛門のほか、全国の鍼灸院やエステサロンで販売中。


― 今後の目標や計画があれば教えてください。

「フェムテックとアート、そして自分自身」という“フェムアート”のプロジェクトを新たに企画中です。五感で学ぶ心と身体というコンセプトのもと、第一回目はアーティストの梵美(ぼんみ)さんとコラボし、彼女の作品の1つでもある、紙粘土で作られたヴァギナをモチーフに、参加者全員で各々のヴァギナを紙粘土で作るワークショップを開催しました。みんな違っていて当たり前という気持ちの部分と、腟の構造や役割について、知識をお伝えしながら、参加者の方は手も動かすというイベントです。今後もさまざまな企画を通して、自分の身体を知るきっかけを提供していきたいと思っています。


栗本先生が取り組む、自分の身体に対する“無関心”を“関心”に変える活動。自分の身体や肌、心の状態を観察することは、自らの不調や変化にいち早く気づき、予防・対策がとれるようになるため健康維持にもつながります。腟まわりのケアをはじめ、日常的なセルフメンテナンスによって心身ともに充実したより良い状態を目指しましょう。

女性特有の悩みや不安を解消!西日本最大級の「フェムテック展」が開催!

昨今国内外で注目が集まるフェムテック。5月25日(水)~31日(火)までの期間、大丸梅田店にて西日本最大級の『ミチカケ・ウェルネスアクションvol.1フェムテック展』が開催! さまざまな商品やサービスを知り、ウェルネスライフ実現のためのヒントを探ってみては?


多種多彩なアプローチであらゆる悩みに応える!

生理、不妊、更年期、高齢期の心や体の変化などについて周りの人に気軽に相談できず、一人で疑問や不安を抱えていませんか? そもそも「フェムテック」とは女性の健康課題をテクノロジーで解決する商品やサービスのこと。より快適な生活を送れるよう、あなたをサポートしてくれるのです。

大丸梅田店に誕生した百貨店初のフェムテック常設展開エリア「ミチカケ」と、女性のヘルスケア領域を専門にイベント企画をおこなう「ウーマンズ」のコラボレーションによって開催される『ミチカケ・ウェルネスアクションvol.1フェムテック展』。認知度の高い企業から、豊かな発想で女性のウェルネスを支えるスタートアップまで出展企業数はなんと60社! 若年層から高齢層まで、幅広い年代の女性の多様な健康課題にフォーカスした商品やサービスが一堂に会し、心や体の悩みに対してあらゆる選択肢があることを知ることができます。

〈左〉株式会社arca CEO 辻愛沙子さん、〈右〉mederi株式会社 代表取締役 坂梨亜里咲さん

会期中は各社の商品やサービスを実際に見ることができたり、女性のエンパワーメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトの発起人で、医療ウェルネスモール「Welpa」のブランドクリエイティブなども手がける株式会社arca CEOの辻愛沙子さんと、オンラインピル診療サービスを提供するmederi株式会社 代表取締役の坂梨亜里咲さんのトークイベントを開催。さまざまな企業による体験イベントも実施される予定です。また、会場には医療者が常駐し、お悩みを直接相談することもできるそう。

※写真は会場イメージです。

「フェムテックを百貨店でいち早くお客様に紹介してきたミチカケとしての次のチャレンジは、『フェムテックを、女性の日常生活を支える身近な選択肢として認識してもらえるまでの存在に育てること』です」と大丸梅田店「ミチカケ」担当者の高橋知世さん。「フェムテック」という言葉が一過性のトレンドではなく、日常生活に当たり前に存在するものになるきっかけとなるイベントです。

「フェムテックって何だろう?」「興味はあるけど難しそう・・・」そう感じている人も、まずは気軽な気持ちでイベントを訪ねてみて。「より生きやすく、暮らしやすく、働きやすく」を前向きに応援してくれるフェムテックに出合えるはず!


『ミチカケ・ウェルネスアクションvol.1フェムテック展』
期間 /2022年5月25日(水)〜31日(火)
場所/大丸梅田店13階特設会場&5階「ミチカケ」
https://shopblog.dmdepart.jp/umeda/michikake/mwa.html

ハイクオリティなセルフケアを。
「ペニンシュラ・ウェルネス」で知るご自愛方法

ここ数年で私たちの健康意識がますます高まるなか、皆さんはどんなセルフケアを行っていますか? 心とカラダを癒す上質なひとときを提供してくれるザ・ペニンシュラホテルズが、ゲストの心身のウェルビーイングを最大限にサポートするための新しいウェルネスプログラム「ペニンシュラ・ウェルネス」を5月9日(月)にローンチ。整った環境のもと、各方面のプロフェッショナルたちから毎日のケアの基礎を学べます。それでは、気になる内容を見ていきましょう!


3つのアプローチで心と身体の変化を楽しむ!

peninsula

フィジカル(身体)、マインドフルネス(精神)、栄養の3つの要素からなる本プログラム。都内屈指のラグジュアリーホテル、ザ・ペニンシュラ東京では、世界10都市のホテル共通のプログラムに加え、指圧療法を世に広めた浪越指圧、日本のヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏、トップスポーツメーカー アシックスのランニングコーチ陣、精進料理人の棚橋俊夫氏との日本独自のコラボレーションが実現。


精進料理で知る、食のパワー

身体と環境に優しい食事メニュー「ナチュラリーペニンシュラ」では、プラントベースの食材を使用し、添加物や着色料、香味料、保存料は不使用。さらに天然の塩や砂糖のみを使用、揚げ物や炭火グリルなどの焦がし調理法を避けるなど、食材本来の味わいを引き出すヘルシーメニューをグローバルで提供しています。今回の「ペニンシュラ・ウェルネス」のローンチとともに東京で発表されたのは、東京独自の取り組みである精進料理人の棚橋俊夫氏監修のオリジナルメニュー「ナチュラリーペニンシュラ inspired by SHOJIN」。

peninsula

©Joakim Blockstrom

棚橋氏は27歳から3年間、滋賀県の禅寺「月心寺」の村瀬明道尼のもとで修行。1992年から2007年まで表参道に自身の精進料理店「月心居」を構えるほか、アラン・デュカス氏やレネ・レゼピ氏など世界的な有名シェフへの料理指導も行い、現在は精進料理研究所『是食(ぜくう)キュリナリーインスティテュート』を主宰し、国内外で活躍中。

昨今、世界的にヴィ―ガン料理に注目が集まっていますが、精進料理は日本におけるヴィ―ガン料理であり、和食の原点でもあります。精進料理と聞くと質素な食事をイメージするかもしれませんが、「ナチュラリーペニンシュラ inspired by SHOJIN」が提供するのは五感を刺激する、彩り、香り豊かな料理。精進料理の基本となる一汁一菜、八丁味噌や金山寺味噌をベースにしたカレー、加賀棒茶をかけていただく五穀米の葉隠れ味噌リゾット、ケールスープがいただけます。

棚橋氏によるスペシャルワークショップもユニーク。静寂のなかで一定のリズムで胡麻を擦っていく・・・胡麻擦りメディテーションが行われます。「胡麻擦りは心を清める作業です。そのためには呼吸と姿勢が大切。面倒で省きがちな調理のプロセスこそ、健康な心身を保つために必要なことだと思います」と棚橋氏。

筆者も体験しましたが、安楽座(あぐら)になり、背筋をすっと伸ばして深い鼻呼吸をしながら胡麻を擦ると、じゃりじゃりと擦る手ごたえと音、心地よい香りが瞬く間に広がり、安らかな気持ちへと導かれます。さまざまな料理に使えるすりごま。すり鉢を使ったほんの些細なひと手間で、調理中にリラックスでき、素材本来のおいしさが際立つなんて、これはぜひ習慣にしたい・・・!


正しく身体を使い、しなやかさを手に入れて

フィジカルプログラムでは、浪越指圧の3代目 浪越孝氏と4代目 友哉氏によるセルフ指圧ワークショップや、アシックスのランニングコーチによるランニングレッスン、ケン・ハラクマ氏によるヨガ&メディテーションを開催。浪越氏の指圧トリートメント、専門のホテルスタッフによるスパトリートメントやヨガレッスンなどは常時参加できます。


これからのセルフケアに役立つ特別な時間を

充実したプログラムが用意されていますが「自分に合ったメニューが分からない」「今日参加できるレッスンはある?」など迷ったときは、ウェルネス・コンシェルジュによる手厚いサポートも。宿泊者限定のポータルサイト(日本語サイトは6月より)にはホテルスタッフとのチャット機能が搭載されていたり、ガイドが掲載されているのでぜひ参考に。

「ペニンシュラ・ウェルネス」のプログラムがパッケージ化された、1名1泊¥85,000(税・サ込)~の宿泊プランもおすすめ。一日の始まりと終わりにはナチュラリーペニンシュラの食事を、日中はパーソナルトレーニングやお好みのスパトリートメントが体験できるスペシャルなプランです。


ザ・ペニンシュラホテルズが展開する世界10軒のホテルで始まる「ペニンシュラ・ウェルネス」。各都市ならではのゲストを招いたプログラムが充実し、ホテルごとに新しい体験ができるのも魅力です。ザ・ペニンシュラ東京の宿泊プランは、2022年12月18日まで販売予定。日常から離れ、内面に磨きをかけることに集中することで毎日がもっと充実するはず。年内にぜひご体験を!


ペニンシュラ・ウェルネス
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/wellness/life-lived-best

言葉で想いを伝えながら、メイクの可能性を追い続ける【ヘア&メイクアップアーティストRyujiのIt’s My Story】

世界に名を馳せる写真家に見いだされ、『VOGUE España』のカバーをはじめラグジュアリーブランドの広告キャンペーンやショーなど、2000年代の欧米のクリエイティブな現場を経験。現在では「to/one(トーン)」のクリエイティブディレクターや、アーティスティックな作品展を行うなど活躍を続けるRyujiさん。これまでの軌跡、そして今だからこそ見えてきたメイクの可能性を伺いました。

年齢にとらわれず楽しむ。おしゃれと美への探究心が生みだす“永遠の輝き”

「自分らしく歳を重ねることを楽しむ人を応援する」をテーマに、ポーラとミュベールのコラボレーションが実現。

 

誰もが自分の可能性を信じ、これから歳を重ねることを楽しむきっかけにしたいという想いが込められたコラボレーションの背景をご紹介します。


いくつになっても輝く、カリスマグランマのように

 

グランマチャーム

1937年にポーラ初のセールスレディが誕生し、現在では約35,000名のビューティーディレクターがポーラと委託販売契約を結び、個人事業主として働いています。

 

ビューティーディレクターには定年がなく、70代〜90代でも現役で活躍する美のプロフェッショナルたちは全国で7,193名。彼女たちは美への探究心や、お客様との出会いが活力となり、いきいきと輝き続けています。

 

グランマチャーム

 

また、ミュベールでは、いつの時代も自分らしいファッションを楽しみ、歳を重ねてきた女性たちを敬愛を込めて「グランマ」と呼んでいます。ブランドの永遠のミューズである4人のグランマ。

 

なにものにもとらわれない自由な魂、健やかな心身、豊かな叡智とユーモアの象徴として、毎シーズンのテーマに合わせた装いで、彼女たちをかたどった「グランマチャーム」が発表されています。

 

ポーラ

 

グランマチャーム

 

ポーラの“カリスマグランマ”たちとミュベールが共鳴し実現した今回のコラボレーション。11月17日(水)までの期間、ポーラ ギンザで開催中のインスタレーションでは、現在も現役で活躍する70代以上のポーラのビューティーディレクターやショップオーナーをイメージした「グランマチャーム」が登場。

 

歴代の代表的なグランマチャームとともに展示されています。またミュベールのサイトには、今回の取り組みについてと現役ビューティーディレクター4人のインタビューが掲載されています。


おしゃれすることや、美しさを追求することに年齢制限はありません。歳を重ねることに悲観せず、好奇心を持って挑戦することを恐れないで。その瞬間を大切に、自分らしさを忘れず人生を謳歌することーーまさしくエネルギーに溢れ、いつまでも美しく元気でいられる秘訣です。


ポーラお客さま相談室
0120-117111
https://www.pola.co.jp/store/polaginza/

ミュベール
https://www.muveil.com/